気になる記事をClick!

20代の働く女性へ~心が疲れてしまった時の処方箋


働く女性のみなさん、こんにちは。二瓶 明です。

私はいまタイのバンコクで働いています。
ずっと海外で働きたいと思っていてその念願が叶ったのですが、
タイに移り住んでから、当初は想定できていなかった多くの効能があることに気がつきました。

今回は「環境を変えることの効能」についてお伝えしたいと思います。

1 心が疲れ切っていた新卒ライフ

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-9-15-9%e6%99%82woo%e2%91%a0

いま、私は20代の後半。仕事がやっと楽しくなってきたこの頃ですが、私の周りでは、仕事で疲弊しているんだという友人が一人や二人ではなく、たくさんいます。人づてにそんな話を聞くことも、本当にたくさんあります。

私自身も、ほんのちょっと前まで、とっても心が疲れていて、毎日泣きながら電車に乗って通勤していました。職場がいやだったわけではなく、とにかく「仕事」という存在が得体のしれないものに巨大化し、あらゆることに怯えて、人にもうまく相談もできずにいました。自信をなくし、防衛のために、事あるごとに泣いていました。

どう見ても「普通」の状態ではありません。笑 そんな私がいま、仕事が楽しくて仕方ないと本気で思っています。自分でも不思議で仕方ありません。

どうしてこんな話をわざわざ晒しているのかと言えば、自分の人生を通して体現したいことがあるからです。

ここで、海外で働くことをおすすめしたいわけではありません。
たまたま私は、海外で働くチャンスを得ていて、少なくとも日本にいた時に比べると、自分の理想に近い働き方を実現できています。

あくまで自身の経験から、私がいま楽しく仕事ができているのは「環境を変えたこと」がとても大きな要因だと考えています。

2 いまの環境が全てなんて思わなくていい

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-9-15-9%e6%99%82woo%e2%91%a1

おそらく20代の私と同じくらいの世代は、一つの会社や組織の働き方しか体験したことがない人がほとんどだと思います。

同じ日本にいると、確かにほとんどの人が同じ言語を話すし、同じ「常識」を共有できているはず、という思いが強くなるからか、期待やプレッシャーも肥大化しがちです。

でも、いま目の前で通用していることが、すぐ近くではまるで通用しないなんてことは案外ざらにあります。

海外に出てみると、そもそも母語が通じないし、お互いに全く「違う」という前提からスタートするので、その期待やプレッシャーは不用意に引き上げられることはありません。「違う」という前提が共有しやすい環境です。

でもこれは、海外だからというのではなく、本来コミュニケーションの基本であると思うのです。同じ国にいようが、会社にいようが、それぞれ全く違う固有の存在です。最近よく耳にする多様性、ダイバーシティも、ここがスタートなのだと感じます。

■次のページへ>>>外に飛び出して気づいたこととは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. サバの水煮缶時短レシピ3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  2. 責任感の強すぎる女性へ〜自分を責めるスパイラルから抜け出す方法〜

  3. 夢を叶えるには脳を騙せ!〜天職に出逢った働く女性が伝えたいこと〜

  4. ゆるキャリかバリキャリではなく、多様化している女性のキャリア。

  5. これは便利!!チャットワークで使えるショートカットキー

  6. 関西で働く女性による、関西で働く女性のためのサイト

  7. 元看護師から聞いた、入院が長引く人と短い人の決定的な差とは?

  8. 一歩がなかなか踏み出せない方へ~自信と行動の意外な関係とは

  9. ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP