気になる記事をClick!

20代の働く女性へ~心が疲れてしまった時の処方箋

二瓶 明

二瓶 明

二瓶明(にへいあき)STREET SMART(Thailand) Co., Ltd.現地責任者/WorkStyeLabo編集長

1990年生まれ、仙台出身、立命館大学卒業。大阪のITベンチャーに就職し、入社1年目でタイ現地法人の設立に携わる。2015年より自身の拠点もタイに移し、現地責任者として奮闘中。 「はたらく、あたらしく」を考えるメディア Work Style Laboを立ち上げ、「既存の概念に捉われないはたらき方」を実現するため情報を発信している。

■一言メッセージ:大学卒業後、インターン先にそのまま就職し、海外法人立ち上げを行っている経験から、多様な「はたらき方」の選択肢の一つとして情報をお届けできたらと思います。


働く女性のみなさん、こんにちは。二瓶 明です。

私はいまタイのバンコクで働いています。
ずっと海外で働きたいと思っていてその念願が叶ったのですが、
タイに移り住んでから、当初は想定できていなかった多くの効能があることに気がつきました。

今回は「環境を変えることの効能」についてお伝えしたいと思います。

1 心が疲れ切っていた新卒ライフ

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-9-15-9%e6%99%82woo%e2%91%a0

いま、私は20代の後半。仕事がやっと楽しくなってきたこの頃ですが、私の周りでは、仕事で疲弊しているんだという友人が一人や二人ではなく、たくさんいます。人づてにそんな話を聞くことも、本当にたくさんあります。

私自身も、ほんのちょっと前まで、とっても心が疲れていて、毎日泣きながら電車に乗って通勤していました。職場がいやだったわけではなく、とにかく「仕事」という存在が得体のしれないものに巨大化し、あらゆることに怯えて、人にもうまく相談もできずにいました。自信をなくし、防衛のために、事あるごとに泣いていました。

どう見ても「普通」の状態ではありません。笑 そんな私がいま、仕事が楽しくて仕方ないと本気で思っています。自分でも不思議で仕方ありません。

どうしてこんな話をわざわざ晒しているのかと言えば、自分の人生を通して体現したいことがあるからです。

ここで、海外で働くことをおすすめしたいわけではありません。
たまたま私は、海外で働くチャンスを得ていて、少なくとも日本にいた時に比べると、自分の理想に近い働き方を実現できています。

あくまで自身の経験から、私がいま楽しく仕事ができているのは「環境を変えたこと」がとても大きな要因だと考えています。

2 いまの環境が全てなんて思わなくていい

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-9-15-9%e6%99%82woo%e2%91%a1

おそらく20代の私と同じくらいの世代は、一つの会社や組織の働き方しか体験したことがない人がほとんどだと思います。

同じ日本にいると、確かにほとんどの人が同じ言語を話すし、同じ「常識」を共有できているはず、という思いが強くなるからか、期待やプレッシャーも肥大化しがちです。

でも、いま目の前で通用していることが、すぐ近くではまるで通用しないなんてことは案外ざらにあります。

海外に出てみると、そもそも母語が通じないし、お互いに全く「違う」という前提からスタートするので、その期待やプレッシャーは不用意に引き上げられることはありません。「違う」という前提が共有しやすい環境です。

でもこれは、海外だからというのではなく、本来コミュニケーションの基本であると思うのです。同じ国にいようが、会社にいようが、それぞれ全く違う固有の存在です。最近よく耳にする多様性、ダイバーシティも、ここがスタートなのだと感じます。

■次のページへ>>>外に飛び出して気づいたこととは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. たまにはB級もいいんじゃない?おすすめ映画「フローズンアース」

  2. 働く女性がやりたいことを見つけられるオススメな方法とは?

  3. より良い働き方や生き方をするために大切なことは?

  4. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜ベラジオコーポレーション守谷さん〜

  5. 便秘に効果あり!カンタン美味しい「豆乳小豆寒天ゼリー」

  6. ダイバーシティ推進のポイントとは?〜制度設計よりも大切なこと〜

  7. 【お知らせ】GW中のサイト「Woo!」更新について

  8. 親子で楽しめる!マスキングテープの3つの使い方をご紹介!

  9. 自分だけのオリジナル旅行の作り方の3つのポイントとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~
  2. 参加費無料!赤ちゃん学基礎講座@京都(同志社大学 学研都市キャンパス)
  3. 男性陣を否定しているうちは、女性活躍は進まない~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP