「無駄な経験など何一つ無い」−オフィスブリエ木村元子さんが今、働く女性に伝えたいこと


皆さんこんにちは。Woo!編集長の高野美菜子です。今回インタビューさせて頂いたのは、エグゼクティブ・コーチとして、企業研修やコーチングの分野で活躍されている、オフィスブリエの木村元子さん。現在はご自身の使命に邁進しておられますが、ここに至る過程は決して平坦なものではありませんでした。働く女性必見、ぜひご覧ください。

Chapter1.今の私

1-1:仕事について

ー木村さんの現在のお仕事内容は?
今の仕事は、大きく2つ。1つは経営者の方やエグゼクティブの方に対する個別コーチング、もう1つは、企業の人材育成コンサルティングです。企業の人材育成については、その会社の経営者や役員の方から、会社の方向性やビジョン、思いをお聞きした上で、次世代リーダーを育成する研修を実施しています。
研修に参加する次世代リーダーは、経営者や役員の方に選抜して頂くのですが、年齢層や役職は会社によって全く違いますね。年齢でいうと30代前半から40代の方まで、役職でいうと課長から役員のすぐ下にあたるポジションの方まで、様々な層の方々に対して研修を行っています。

ー木村さんの現在の働き方は?
月の半分は東京での仕事。とはいえ、私は先方の会社にお伺いして研修やコーチング行うことがほとんどなので、自分の事務所で仕事することはほぼありませんね。明日からはまた海外に行くのですが、パソコン1台あれば国内外問わずどこでも仕事ができる状態です。

1-2:次世代リーダートレーニングについて

ー次世代リーダーの方にはどんな研修をするの?
月に1度の研修を1年間行います。研修で最も力をいれるのは「個の強化・セルフマネジメント」の部分。最初の5ヶ月間を「リーダーが自分自身をしっかり確立させる」ことにあてています。「自分を変えられない人が人を変えられるわけがない。自分に影響を与えられない人が、人に影響を与えられるわけがない」と言いますが、まさにその通り。
今は、様々な年齢や働き方の人たちと仕事をする時代になりました。外国籍の方、契約社員の方、定年後も嘱託社員として働く自分より年上の方、お子さんを持ちながら働いている方など、チームメンバーの価値観が多様化している中で「目の前にいる部下の、個々の才能や力を引き出し、チームとして成果を出す」。これが、今リーダーに求められる大切なスキルだと思います。
リーダーが「上司が悪いからうまくいかない。部下の覚えが悪いから成果が上がらない」と外に原因を求めているうちは、リーダーの成長もなく、チームの成長にも繋がりません。

ースキルの前に、まずは「あり方」をしっかり確立させると?
はい。スピードが速く、変化が激しく、1ヶ月先、半年先がどうなるか分からない今の環境においても、組織は継続的に成果を出し続ける必要があります。そのためには、進捗管理やマネジメントといったスキル面の前に「どのような状況になっても、自分や周囲に影響を与えて、成果を出し続けられる力を確立すること」が大切。まずは徹底的に個人に焦点をあて、自分と向き合い、あり方を整えることが基本であり、部下育成の話はその次だと思います。

1-3:今の仕事のやりがい

ー参加メンバーは1年でどんな風に変わっていくの?
社長や役員の方が選抜したメンバーなので、1プレーヤーとしては皆さん大変優秀なんです。ただ「名プレーヤーは名監督にあらず」と言われるように、自分は良く出来ても、部下がなぜ出来ないのか分からないという方が多い。ですから「なんでこんなこともできないの?」「なんで分からないの?」「何とろとろやってんの?」とメンバーに対してイライラしてしまう。
私がさせて頂く研修は、1年間を通して「リーダーとは自分が成果あげて喜ぶのではなく、心からチームメンバーのことを考える人なのだ」という軸で進めていきます。すると受講生の皆さんの目線が次第に「チームとしてどのように成果を出すか」「いかに会社が社会に貢献できるか」と、どんどんあがっていくんです。大きく成長された皆さんの姿を見るのは、毎回感動の連続ですね。

ーでは、エグゼクティブコーチングに感じるやりがいは?
コーチングに関しては、「その方の人生の大事な選択の場面を伴走させていただいている」ということが、やりがいであり、大きな学びにもなっています。コーチングを希望される方は「何かを選択したい」「今進んでいる道に違和感がある」というように、何かしらの課題をお持ちです。コーチングを通して、様々な迷いや心理的な不安を一度全て出して頂き、しっかりと自分に向き合って選択して頂く。とても勇気が要ることだと思いますが、逃げずに決断される皆さんを、心の底から尊敬しています。

ーそうなると、誰にも話したことない秘密や本音の話までお聞きすることも?
はい。コーチングは最初に守秘義務契約を結ぶので「こんなこと、今まで誰にも話したことが無い」という方もたくさんおられます。特に経営者の方は、社員の方やご家族に心配をかけまい、悩んでいる姿を見せまいと、多くの悩みや葛藤を1人で抱え込んでおられることも多いです。その状態から、コーチングを通してしっかり自分と向き合い、勇気を持って選択していかれる。そう簡単に出来ることでは無いと思いますね。本当にすごいです。

ーすごい信頼関係…クライアントに信頼される上で大切にしていることは?
「その方の人生にしっかりと寄り添いたい」という気持ちを常に持ち、話を聞くことです。他人からの評価、数字、結果といったものだけでなく…その人が持つ魂や、ご自身でも気づかない心の奥底の部分で「それは本当にやりたいこととマッチしているのか」をしっかり問う。本当はどう生きたいのか、本当はどうしたいのかを、頭で考えるのではなく「今、胸や、お腹はどんな感覚なのか?」という部分まで掘り下げ、潜在意識と顕在意識を統一していく。そのように寄り添うことで、本当の意味で一緒に歩んでいけるコーチングをしたいと常々思っています。
その方が魂の高い目線でご自分の意思を持たれると、チームや、会社が変わります。次世代リーダーの育成も、コーチングも、自分に目覚めていく瞬間に立ち会えるのは、私にとってこの上ないやりがいですね。

→CAから独立へ…ゼロからの出発


1

2 3

関連記事

  1. 「心の育成を通じて日本を変える」−心財育成安達美由紀社長の壮大なビジョンへ邁進する大人な生き方

  2. 「こうあるべき」にとらわれず、 スキなことを全部やりたい女性のために。

  3. 「書くことで世界を元気に」−書道家本山裕子さんの好きを仕事にする生き方

  4. だてにはげてない対談−各分野で活躍する女性たちの凛とした生き方

  5. 「全ての経験のおかげで、今の自分がある」−英語発音インストラクター日野ゆう子さんの柔軟で前向きな生き方。

  6. だてにはげてない対談−世界で活躍するビジネスコーチ・木村元子さん

  1. 後輩が育ってくれない!響かない!その理由と対策

    2018.07.17

  2. これができるとぐっとレベルUP!英語らしい音を作る「 r 」の法則

    2018.07.09

  3. 「根回し上手」になって仕事をスイスイこなすには? 2つのケースス…

    2018.07.02

  4. 7/10(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「CSRで未来を拓くには」@大阪・京…

    2018.07.02

  5. 一般職の先輩方と良好な関係を持ちながら自分のキャリアを積むコツ…

    2018.06.25