子育てにイライラするママが心がけたいこと〜「ゆらぎ」「隙間」のすすめ〜


働く女性の皆さんこんにちは。先日、子供への苛立ちに関するコラムを読みました。そこでの内容に思わずハッとしました。

1.自分を客観視することで見えること

2016.1.20 12時写真①

他者の目が入りにくい、母と子の極めて閉鎖的な関係では
うまくいかないことが連続して起こった時のイライラが
とめどなく子供に対して溢れてしまう。

自分自身の「心」がダメなのではなく、自分がそのような「危険な構造」の
ど真ん中にいることを自覚し、そこに「ゆらぎ」を与えることで、
苛立ちを抑えられるのではないか。
(子への苛立ちは断ち切れるか?――母が子を正論で追い込む MAMApicks より)

というような内容でした。

2.「ゆらぎ」の大切さ。

2016.1.20 12時写真②
私も子供と接する中で、イライラすることは多々あります。
しかし、幸いなことに、このコラムの中でいう「ゆらぎ」に助けられることが多くあります。

主人や高野が子供と接するところを客観的に見ると、
自分と子供との関係を見直すことができます。

保育園にあずけてセミナー等に参加させて頂くと、自分と社会との関わりを再確認でき、
新たな気持ちで子供とも接することができます。

些細なことですが、私にとっては心を穏やかに保つ、とても重要なことです。

次のページ>>> 感情も、意識をすれば選ぶんことができるんです…


1

2

前本玲(まえもとれい)
株式会社ナチュラルリンク 専務取締役 / Woo!副編集長
【プロフィール】
「専務ときどき畳屋のおかみ」な働く二児のママです。! 

関連記事

  1. 上の子がかわいくない症候群〜2児の母になった私のオススメ対処法〜

  2. 赤ちゃんお絵かきアイテム4選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  3. 20歳まで使える母子手帳って知ってた?~神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. 親子でお出かけできる大阪の万博記念公園の穴場スポット!

  5. 3/6(日)育休ママ向けセミナー〜「ぷちでガチ!育休MBA講座」3月公開講座@大阪〜

  6. 笑える育児あるある奮闘日記〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ワーママインタビュー

    社外メンターのアドバイスで、気持ちが前を向いた | 男性社会で奮闘…

    2021.03.11

  2. 【オンライン開催】2月19日10:30〜12:30 育休中も復職後も!子連れ…

    2021.02.10

  3. 時短管理職として道を切り開いてきた先にたどり着いた、等身大な働…

    2020.12.28

  4. 【参加費無料/Special Event】ぷちガチ!ママパパトーク&ワー…

    2020.12.25

  5. 英語が話せない理由を整理してみよう。

    2020.11.24