気になる記事をClick!

共働き夫婦の危機!〜愛が冷める時期とその対策〜

小川 由佳

小川 由佳

小川由佳(おがわゆか) FAITH(フェイス)代表

メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。

■一言メッセージ:働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!


働く女性の皆さんこんにちは。小川由佳です。子供ができてすぐの頃に訪れる、共働き夫婦の危機?! その乗り越え方について書いてみました^^

1.夫への愛が冷めちゃったらどうしよう。

2016.1.26 12時写真③
先日、久しぶりに、高校時代に仲の良かった友達にメールをしたら、彼女からお返事と共に、ストレスを溜めている様子が描かれたメールが返ってきました。

彼女はワーキングマザー。ご主人が単身赴任していたため、昨年生まれた赤ちゃんと、実家に住んでいました。

が、今年頭に単身赴任だったご主人が戻ってきて、結婚後初の3人での生活が開始。それから3か月あまり、ご主人といろいろ衝突しているようなのです。
「愛が冷めちゃったらどうしよう」と、冗談ともつかない感じで書かれていました。

2.私も同じように思ったこと、あったよ。

08b35387cad49c3905423d5d83b13c90_s

・「夫にあれしてこれしてと、口うるさく言い過ぎた」
⇒ うん、仕事に、家事に、子供の相手に忙しいと、ついつい言っちゃうよね

・「夫に、ついつい『あれやった?』と聞いてしまう」
⇒ うん、ついつい気になっちゃうんだよね~

・「やってくれても、洗濯物の干し方が違うとか、文句言っちゃった」
⇒ 確かに、言いたくなることもあるね

・「夫も、慣れないことの連続で疲れているんだと思うんだけど・・・」
⇒ そう、相手の状況もわかってないわけじゃないんだよね。
でも、こちらも気持ちに余裕がなくて、つい・・・なんだよね。

・「『男の人は子どもだから、私がやらなきゃ』なんて風には割り切れない。
だって、そうやっていると際限がないもの。」
⇒ うん、私も同じように思ったこと、あったよ。

彼女がメールに書いてくれていたことは、まさに昔の私を見るようでした(^^)

次のページ>>> 夫が自分から動いてくれるようになった。その理由とは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. Woo!編集長髙野の出産復帰対談〜だてはげ活用術特別企画vol.9〜

  2. 相手が思い通りに動いてくれないと悩むあなたへ~問題を切り分ける対処法~

  3. 超可愛い!人気デザイン出生届3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. 30代の働く独身女性が生きにくい、今のこの日本について思うこと

  5. “リケジョ“として働く女性に女子大生がインタビュー! 青山雅子さん

  6. ワーママ部長に女子大生が突撃取材!〜栄水化学 長村和美さん〜

  7. 4/24(日)女性向け〜パワーママプロジェクト関西ワーママ情報交換会@大阪〜

  8. 働き方変革シリーズVol4.産休中にステップアップする方法

  9. 4/12(火)育休ママ向けイベント〜「ぷちでガチ!育休MBA」連続講座@大阪〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP