気になる記事をClick!

働くママの災害対策〜子どもと自分の身を守るために大切なこと〜


働く女性の皆さんこんにちは。湯本理絵です。

1.「その時」は突然やってくる・・・

77ee5661f7eb4127467864d54f38c1b3_s
突然ですが、地震や台風といった「いざ、という時」…防災策として何か備えていますか?

物資のストックや避難経路の確認といった家庭での備えも大切ですが、例えば仕事中に地震が起こったら…

少し前ですが、こんな記事が目に留まりました。

大地震になれば、共働き親はわが子と3日会えない
〈日経DUAL〉

例えば先日の大寒波の場合、関西では特に大きな問題には至りませんでしたが、タイミングや状況によって災害による影響は大きいですよね。

2.もしも「その時」が来たら・・・

9ec9b8f913b17b35b7c899fb2553f708_s

わたしの場合だと、通勤時間1時間超。大きな川もあるので、おそらく大地震のような自然災害で
交通機関が使えなくなると、歩いても帰れるかどうかわかりません。しかも職場は広域避難場所なので、そこに居合わせた人たちだけでなく、近隣の方々の対応にも回る立場になります。

そんな時。おそらく子どもは保育園にいるので、
「保育園はいざとなったらどのような対応をしているのか」を把握しておく必要があります。

次のページ >>> 子どもたちの周りの災害対策、してますか?…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜WSPのワーママIさん〜

  2. 孤育てを防ぐ「きずなメール」のすすめ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  3. 在宅ワークで家族の理解を得るために〜フリーランス5年目の私の事例〜

  4. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!

  5. 子育てにイライラするママが心がけたいこと〜「ゆらぎ」「隙間」のすすめ〜

  6. ベンチャー企業で働くワーママに編集長が突撃取材!〜北窓佐和子さん〜

  7. 子どもが言葉を発する時期におススメの本3選~神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  8. 働き方変革シリーズVol5.自分や会社の価値をあげる方法

  9. 人を育てるプロが教える、子育てがうまくいくポイントとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP