たまにはB級もいいんじゃない?おすすめ映画「フローズンアース」


働く女性はみなさんこんにちは。Woo!では定期的に働く女性にオススメな映画ネタをご紹介しています。皆さんは『フローズンアース』という映画をご覧になったことはありますか?

アラビア半島で発生した、史上空前の大地殻変動。マグマの水蒸気爆発により、異常低温のストームが地球を襲う。ピラミッドは雪に埋まり、灼熱の砂漠は極寒の氷原と化した。人類はこの未曾有の危機を乗り越え、滅亡を回避できるのか?

ストーリーだけ聞くと面白そうですがなんと映画の評価、星1つなんです。こんな低い評価の映画があるのかという…。でも、なんだか違った意味で人にすすめたくなる不思議な映画なんです。

1.製作会社は「アサイラム」社

①3.8画像

ブロックバスターならぬ「モック(模倣)バスター」と呼ばれるアサイラム社の作品。不況の風をものともせず、小さな製作会社なのに、毎月1本のペースで、年間約15本もの作品を作り続ける。批評家たちにぼろくそに言われながらも、「売れるんだから!」と開き直り、模倣作品スプラッターもの青春エッチ系や低予算SF作品など、B級路線をまっしぐら!映画館では公開せず直接ビデオでリリースするので、R指定内容もばっちりOK!

文章引用元:http://www.cinematoday.jp/page/A0002474

なんじゃこの製作会社は…!ですよね。模倣品を世に放ち、それでも成長し続ける。社長は「売れてるんだから!」と開き直る。

『フローズンアース』も、なにを隠そう、このアサイラム社が作った映画なのです。

2.見たくなる理由①同じ映像の使い回し

3.8画像②

私ははじめ、この映画がアサイラム社制作とは知らなかったし、またアサイラム社自体も知らなかったので、『フローズンアース、なんかおもしろそう』という興味のまま、普通に観ていました。

でも、開始10分で、異変に気づきました。

「あれ、同じ映像が使い回しされてる…」

たまたまエジプトに旅行に来ていた家族が、地殻変動に巻き込まれるのですが、ものすごい大きな地震がおこるので、人々は逃げまどうわけです。

車も渋滞し、そのうちみんな車を乗り捨てて走って逃げるんですが、その光景に全く緊迫感がなく…。B級感満載。
普通によく晴れた日に、車が5台くらい止まっているところを、10人くらいがわ〜って逃げるっていう…笑。

「ん?なにこれ、なんか変な感じ」と思いつつ観ていると「あれ、この頭に布巻いた女の人が逃げてる場面、さっきも出てこなかったっけ…?」という疑問が…。

そうなんです。同じ映像が使い回しされてるんです(多分。そうか、すごく似てる映像)。思わず「デジャブか!」と突っ込んでしまいました。

次のページ>>> とにかくこの映画のCGがひどい。ピラミッドに雪が積もっていて…


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 10/19(金)「働き方2.0〜これからの働くを考える〜」イベント@大阪

  2. 将来のビジョンと言われても・・・未来を描きやすくする簡単なコツとは?

  3. 発音インストラクターが教える通じないアルファベットの秘密

  4. 恋愛が長続きしない人の3つの特徴と、関係が長続きするポイントは?

  5. 愛され女子の共通点〜アサーティブに会話するポイントとは?〜

  6. 男性社会で自分らしく働く女性に共通する3つのこととは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  2. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31

  3. 2/12(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実学としてのマーケティング」~…

    2019.01.25

  4. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15

  5. Woo!編集長高野の、2019年の決意−「今年はルーチンをどんどん壊そう」

    2019.01.08