気になる記事をClick!

女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜WSP 渡辺雅夫さん〜

natural-link(Woo!編集部)

natural-link(Woo!編集部)

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、"働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に"という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。


働く女性の皆さんこんにちは。毎回大好評の、女性が活躍するベンチャー企業の社長インタビュー

今回のゲストは、株式会社WSPの渡辺雅夫社長。「Pearl for Lifeー真珠で人を美しくー」という想いのもと、真珠の卸売や真珠化粧品を販売する会社です。また社員の75%が女性で、取締役や役員にも女性がおられ、女性社員さんが大いに力を発揮されています。楽天市場の「楽天ジュエリー大賞」の真珠部門では、なんと10期連続1位を獲得女性が中心となり開発した真珠入化粧品真珠肌シリーズ」は、今や同社の主力商品となっています。冒頭から「女性の視点やパワーは本当にすごい!当社は、あらゆる意味で女性に支えられている会社なんです。」とおっしゃる、ダンディでお洒落な創業者の渡辺社長に、お話を伺いました。

1.設立した会社を辞めたからこそ見えた大切なこと。

2016.3.25 12時写真①

ー高野:最近世間では「企業の女性活躍推進」がさけばれていますが、WSPさんでは随分前から「女性活躍」を進めておられるとお聞きしました。

ー渡辺:はい、当社はエンドユーザーの大半が女性で、その方々に向けて商品開発するのも女性。ですので、「女性社員さんのキャリアが途中でなくならない会社にする」ということは当たり前だという思いで、創業以来ずっと意識して取り組んできました。

ただ「子どもが産まれても働く」「時短で働く」といったことについては、最初はみな「そんなこと本当にできるの?」と半信半疑ではあったようです。でもやっていくとできるものですよね。それを見て社員さんも安心でき、「その安心感があるから、目の前の仕事に全力で力を発揮してもらえる」。そんな土壌が当社にはあると思っています。

また、他社の方から「制度を悪用する人もいる」「女性から権利を主張されて困っている」というお悩みを聞いたことがありますが、当社では全くそんなことはないですね。価値観、理念、考え方をとても大切にしている会社なので、おそらく当社の色に合わない人は、はなから入社して来ていないように思います。日々「女性ってすごいなぁ、僕たち男は敵わんなぁ…!」と思うことがたくさんあるんですよ。

ー高野:そうなんですね!具体的にはどのような部分でそう感じられるのでしょうか?

ー渡辺:そもそも、僕たちは女性から産まれたので、そういう意味でまず敵いません(笑)また、商品開発においても「いち消費者としての目線」で考えてくれますし、妥協がありません。例えば当社が販売している「真珠肌シリーズ」の化粧品は、開発に4年もかかりました。実は開発した社員さんは、自分自身も”しみ”や”くすみ”でずっと悩んでいました。ですから「自分が使うなら、こういうものが欲しい!」ということを真剣に妥協なく考えてくれて、おかげ様で多くのお客さまに愛用いただける商品になりました。

男性が商品開発すると、こうはいかない。男性は化粧品を毎日使っているわけではないので、想像しかできませんですから、どうしてもプロダクトアウトになりがちです。また「成分にはこれを使っていて、特許が、含有量が…」というスペックを言ってしまいがちになります。それではお客さまには響きません。

ー高野:確かに、「含有量が◯%で…」と言われても、買う側はよく分かりません。「それより、私は綺麗になりたいねん!これ使ったら綺麗になれるの!?という部分が気になりますね。

ー渡辺:その感覚や視点は、女性でないと分かりません。視点や商品開発やあらゆる点で、当社は本当に女性に支えられている会社です。

ー高野:話は少し変わりますが、なぜ渡辺社長は「真珠や化粧品」という女性の分野で会社を創業されたのでしょうか?

ー渡辺:もともと「絵画」を売るか「ジュエリー」を売るかがしたいと思っていました。絵画やジュエリーは高額商品なので、信頼出来ない人からは絶対買わないですよね。自分自身を磨き、自分が信頼に値する人間でなければ、何億円もする絵なんて絶対買って頂けないので、そのような世界で勝負することが「人としてかっこいい」という憧れを持っていました。相場や詳しいことについては、全く知らなかったですが…(笑)

そして学生時代にアルバイトしていた先で、たまたま報酬として「真珠」を頂きました。「これってもしかして売れるんじゃないか?」と思い、先輩に聞いて買ってくれる会社を探し、販売をしたのがWSPのスタートです。

ー高野:おぉ…普通は、真珠をもらったからといって、それを売るという発想にはなかなかなりませんがすごいですね…。今のようにネットが普及している時代ならまだしも…。

ー渡辺:そうですよね。でも僕は昔から会社員になるつもりはなく、「将来は絶対独立する」と決めていましたから、その出来事が創業のきっかけになりました。それから数年間は、とにかく必死で売上を上げる日々が続きました。まずは食べていかないといけない。また「世の中はお金じゃない」と思いながら、「そのセリフはお金持ちになってから言わないとただの負け惜しみになる」と思っていたので、とにかくお金を稼ぐことに集中しました。

…でも自分の心の声に嘘をつけなかった。

だんだんと、そのやり方に違和感を感じるようになりました。ホワイトボードに売上のグラフを書いて、「よっしゃみんな、売れー!!」と言っている自分の姿。売上は上がるけれど「その先に何があるんだ?自分の幸せはそんなところに無いんじゃないか?何のために僕は必死で働いているんだ?」と思うようになり…。

27歳の時です。当時いたスタッフに全ての仕事を渡して、一旦会社を解体することにしました。立ち止まって、自分と自分の人生をちゃんと考えてみようと思ったんです。

ー高野:えッ!社長が自ら立ち上げた会社を辞めるってなかなか聞かないことですし、勇気がいりますよね。でもそこまでされるくらい「このままではいけない」という違和感を感じておられたのですね。

ー渡辺:そうですね。その間8ヶ月〜10ヶ月くらいでした。そこではじめて気づいたんです。「自分の力で生きてきたつもりだったけれど、実はスタッフをはじめ周囲の人に活かされていたんだ」と。あの時気づくことができて、本当に良かったです。

そしてその頃道端でばったり出会った青年(現在の取締役)が、真珠の卸の仕事で独立したところだということで、話しているうちに意気投合し、一緒に会社をやることになりました。これがWSPの第二創業です。

それ以来「何のために働くのか」について社員さんとしっかり共有するようになりました。働く上で大切なのは「挑戦すること」「成長すること」「貢献すること」。これは、当社のHRポリシーとして、カルチャーブックにも載せています。

2.ジュエリーから化粧品販売へのきっかけは?

2016.3.25 12時写真②

*「僕今、開発した真珠入りのシルバーワックスを髪の毛につけてるんやけど、思ったより売れ無かったから、自分で使ってるねん(笑)」というお茶目な渡辺社長。

ー渡辺:第二創業は、”日本の真珠”と”海外の黒真珠”の卸売からスタートしました。今でこそ”黒真珠”はよく見かけるようになりましたが、20年前はほとんど市場には出回っていませんでした。その後ジュエリー全般に事業を広げ、店舗を構えて小売業をしていた時期もありますが「待ちの商売は性に合わない」と思い、真珠を通じて「美」を追求するというテーマで真珠事業に特化してきて、今に至ります。

ー高野:そうなのですね。特に「日本の真珠はクオリティが良い」ということで国内だけでなく海外でも評価が高いと聞いたことがありますが、実際そうなのでしょうか?

ー渡辺:はい。ジュエリーというより「高い海産物」と言われるくらい、日本の真珠の養殖技術・品質の高さは、海外でも高く評価されています。当社はその頃から海外を見据えており、17年前には香港に会社も作っています。

ー高野:そんなに海外でも評価されているなんて、日本人として素直に嬉しいですね。またWSPさんは、楽天市場の「楽天ジュエリー大賞」の真珠部門で、10期連続1位を獲得されたという輝かしい実績をお持ちですが、その秘訣を教えていただけますか?

ー渡辺:そうですね…秘訣は2つあります。1つは「とことん女性の立場に立って商品を作っているから」。女性のために商品開発をしている会社はたくさんありますが、プロダクトアウトになっているところも多いようです。当社の女性社員さんたちには「女性の立場に立って自分たちが納得行くものを作る」という信念があり、そこに妥協は一切ありません。

また2つ目は、カスタマーサポートです。普通に考えれば、ネットの世界では価格が安いところが勝つに決まっています。でも僕たちは「売ったら終わり」ではなく「自分の家族に買ってもらう」ような気持ちで仕事をしているので、対応が親身で丁寧だと、お客さまからお褒めの言葉を頂くことが多いんです。

真珠ってね、一生のうちに何個も買わないでしょ?ここぞという時や、結婚する時くらい。だから「リピートしない業界」と言われているのですが、当社はリピート率が他社と比べて倍以上あります。そういった意味では、第二創業以来ずっと大切にしている理念の共有が生きているのかもしれませんね。

ー高野:社員さん一人ひとりの気持ちや思いといった目に見えない部分が、多くのお客さまの心を掴んでいるのですね。さらに現在は、真珠入の化粧品を作っておられますが、どのようなきっかけで化粧品を開発されるに至ったのですか?

ー渡辺:僕たちの仕事は「真珠」を通してお客様の「美」のお役に立つことです。ですから「ジュエリー以外でも何か新しい商品を開発できるのではないか」と以前からずっと考えていました。そんなある日、お客さまと話していた時「真珠職人たちはみな、手がとても綺麗だ」という話になりました。調べてみると、真珠には肌を綺麗にする成分が含まれていて、アメリカの学会で発表される程実証されていることだとわかりました。

僕たちの仕事は「真珠」を通してお客様の「美」のお役に立つことだから、化粧品を開発できればもっと可能性が広がると考え、「よし!真珠入化粧品を作ろう!」ということになりました。

次のページ>>> 渡辺社長の意外なプライベート、子育て論に切り込んでみた!


ページ:

1

2

関連記事

  1. ベンチャー企業で働くワーママに編集長が突撃取材!〜北窓佐和子さん〜

  2. 世界で活躍するビジネスコーチ木村元子さん〜だてはげ活用術対談vol.7〜

  3. 女子未来大学主催社長に編集長が突撃取材!〜猪熊真理子さん〜

  4. ウォーキング講師で起業した竹澤摩佑子さん〜だてはげ活用術対談vol.6〜

  5. 入社3年目の女性社員に女子大生が突撃取材!〜株式会社エクス 長谷川由利子さん〜

  6. ワーママ社長に編集長が突撃取材!〜心財育成 安達美由紀さん〜

  7. 20代の転職に成功した女性に編集長が突撃取材!〜景利友美さん〜

  8. 就活や転職の前に知っておこう、女性活躍企業見分け方の3つのポイント

  9. 長期インターン中の女子大生に突撃取材!〜同志社大学 桃原彩さん〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP