親子でお出かけできる大阪の万博記念公園の穴場スポット!


私は大阪にある万博記念公園のすぐ側で育ちました。

週末のフリーマーケットにはよく友人のと朝一で出かけましたし、高校からは太陽の塔がよく見えていました。
大学の課題で、万博記念公園内にある国立民族学博物館にも何回か行きました。

そして、月日が経ち、子どもが生まれて久しぶりに親子で足を運んでみると、、、今まで全然見て周っていなかった自分に気づきました。

まだ行ったことがないな、、いつも同じ場所ににか行ってないなと言う方にオススメの穴場万博情報です♪

1.まずは森のトレインに乗ってみよう!

15276258751_6b0b60c3a7_k

万博と言えば、太陽の塔!イベントがよく開催されてるお祭り広場!東の広場!もみじ川芝生広場!が有名ですが、、、
他にもみどころは沢山あります。

その見どころや簡単な植物の説明などしながら周遊してくれるのが「森のトレイン」です。

電車の形をしたバスで園内を周遊するので、子どもはもちろん大喜び!
でも、その説明は大人が聞いても「へーー!」が沢山あり、とても楽しめました。

初めて来られる方はもちろん、何回か来てるけど、いつも同じ場所にしか行ってないという方は、ぜひ乗ってみてください!新発見がきっとあると思います。

2.とてつもなく広い日本庭園

a40c62575e37c39d4bfccb245b538dbd_s

日本庭園って京都に行けば沢山見れる!という方もいるでしょう、、、
確かに美しい庭園は京都にも沢山ありますが、万博の日本庭園はその大きさがとてつもないのです!

面積26へクタールの横に長い敷地内に、東から西に流れるせせらぎに沿って、4つの造園様式を取り入れて作られています。

また、お茶室や蓮池などもあり、季節のイベントも開催されているんですよ!

これからは紅葉も進み、お散歩にもとても良い季節ですので、一度行ってみてください。

次のページ >>> なんと、プロジェクションマッピングまでやってるって知ってた?…


1

2

前本玲(まえもとれい)
株式会社ナチュラルリンク 専務取締役 / Woo!副編集長
【プロフィール】
「専務ときどき畳屋のおかみ」な働く二児のママです。! 

関連記事

  1. 育児のイライラを通り越して笑ってしまう子どもの行動を4つご紹介!

  2. 4足のわらじでをはいて奮闘する、2児の母で開業4年目税理士Yさん

  3. ワーママに営業は無理?営業で職場復帰したい女性に伝えたい大切なこと

  4. 上の子がかわいくない症候群〜2児の母になった私のオススメ対処法〜

  5. 娘の2歳児のイヤイヤ期〜ワーママの日常と決意の記録〜

  6. 端午の節供の本当の由来〜ママから子どもに伝えたい日本の風習〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 後輩が育ってくれない!響かない!その理由と対策

    2018.07.17

  2. これができるとぐっとレベルUP!英語らしい音を作る「 r 」の法則

    2018.07.09

  3. 「根回し上手」になって仕事をスイスイこなすには? 2つのケースス…

    2018.07.02

  4. 7/10(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「CSRで未来を拓くには」@大阪・京…

    2018.07.02

  5. 一般職の先輩方と良好な関係を持ちながら自分のキャリアを積むコツ…

    2018.06.25