ストレスは成長の種〜自分のストレスとうまく付き合おう〜


働く女性の皆さんこんにちは。神野沙樹です。

昨年12月。「ストレスチェック」という制度が始まったことをご存知でしょうか?
簡単に言うと、これまで一年に一回会社で実施されてきた「体の健康診断」に加えて、これからは「心の健康診断」も行いましょうというものです(企業規模など、一部例外もあります)。
目的としては、自分自身の状況を把握して健康に過ごしていきましょうというもので「セルフケア」の一環です。
この制度云々は、Google先生に教えていただくとしまして、今回は「ストレス」について考えていきたいと思います。

1. 自分が成長したなと思えたのはどんな時?

aff34ad20d8df5322bac234d4b0f145c_s
突然ですが、2~3年前の自分と、今の自分を比べて、「今思い返せば、あの時、すごく成長したなぁ」という瞬間を挙げてみていただけますか?

どんな時でもいいです。
・大きな仕事を任され、大変だったけどやり遂げた時
・仕事で失敗をして激しく叱られた時
・子育てに悩んでいて、いろいろぶつかった時
・彼氏に振られた時

実は、上記はすべて私の経験ですが(笑)、みなさんはいかがでしょうか?

2. ストレスはない方が良い?

865a41d57395b88d81d163547810c2e9_s
ここでみなさんに質問です。「ストレス」はないほうがいいでしょうか?
「そりゃ、ない方がいいよね」と思いがちです。
もちろん、体調や心のバランスを崩すほどのストレスはよくありません。

しかし、ストレスが「0(ゼロ)」の方が、本当にいいのでしょうか。

先ほど、「2~3年前の自分と、今の自分を比べて、成長したなぁという瞬間を挙げてみてください」とお願いしました。
その「成長したなぁ」と感じる出来事のときを振り返ったとき、一切ストレスはありませんでしたか?

私は、間違いなくストレスを感じていました。
むしろ「普段より多くのストレス」を感じていたように思います。

例えば「大きな仕事を任され、大変だったけどやり遂げた時」。

大きな仕事ですから、自分にとっては挑戦(チャレンジ)です。
分からないこともあるし、うまくいかないこともある。
相当なストレスがかかっていました。
しかし、成長できました。

あれ?ストレスはある方がいいのでしょうか?

次のページへ>>> PTSDではなく、PTGという言葉を知っておこう・・・


1

2

KES社労士事務所 神野沙樹
「“私たちの仕事はね!”神野沙樹(かみのさき)
株式会社Niesul 代表取締役 / KES社労士事務所 代表
【プロフィール】
「“私たちの仕事はね!”と活き生き話す人があふれる世の中に!」社会保険労務士として、ワーママとして、日々奔走してます。
【働く女性の皆さんへ】
仕事を通してたくさんの企業、そこで働く多くの社員さんとお会いさせていただく中で、いま私は「人生に正解とか不正解なんてない」と感じています。本当に人それぞれだなぁと。だからこそ、正解を求める生き方ではなく、自分が自分のことを認められる生き方をしていけたらなと思います。私ももっと自由に、もっと自然に、生きていきたいと思います。
と活き生き話す人があふれる世の中に!」社会保険労務士として、ワーママとして、日々奔走してます。

関連記事

  1. 心が少しお疲れ気味…そんな時におススメの方法とは

  2. 突然の心臓発作を防ぐために…働く女性が意識したい3つの習慣

  3. 忙しく疲れやすい働く女性にオススメな3つの夏バテ対策!

  4. 働く女性に伝えたい!今話題の『スニーカー出勤』の5つのメリット

  5. 発音インストラクターが教える、英語が聞きにくい、通じにくいのはなぜ?

  6. 切り干しゴーヤチャンプルレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 後輩が育ってくれない!響かない!その理由と対策

    2018.07.17

  2. これができるとぐっとレベルUP!英語らしい音を作る「 r 」の法則

    2018.07.09

  3. 「根回し上手」になって仕事をスイスイこなすには? 2つのケースス…

    2018.07.02

  4. 7/10(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「CSRで未来を拓くには」@大阪・京…

    2018.07.02

  5. 一般職の先輩方と良好な関係を持ちながら自分のキャリアを積むコツ…

    2018.06.25