気になる記事をClick!

ストレスは成長の種〜自分のストレスとうまく付き合おう〜

神野沙樹

神野沙樹

KES社労士事務所 神野沙樹
「“私たちの仕事はね!”と活き生き話す人があふれる世の中に!」社会保険労務士として、ワーママとして、日々奔走してます。


働く女性の皆さんこんにちは。神野沙樹です。

昨年12月。「ストレスチェック」という制度が始まったことをご存知でしょうか?
簡単に言うと、これまで一年に一回会社で実施されてきた「体の健康診断」に加えて、これからは「心の健康診断」も行いましょうというものです(企業規模など、一部例外もあります)。
目的としては、自分自身の状況を把握して健康に過ごしていきましょうというもので「セルフケア」の一環です。
この制度云々は、Google先生に教えていただくとしまして、今回は「ストレス」について考えていきたいと思います。

1. 自分が成長したなと思えたのはどんな時?

aff34ad20d8df5322bac234d4b0f145c_s
突然ですが、2~3年前の自分と、今の自分を比べて、「今思い返せば、あの時、すごく成長したなぁ」という瞬間を挙げてみていただけますか?

どんな時でもいいです。
・大きな仕事を任され、大変だったけどやり遂げた時
・仕事で失敗をして激しく叱られた時
・子育てに悩んでいて、いろいろぶつかった時
・彼氏に振られた時

実は、上記はすべて私の経験ですが(笑)、みなさんはいかがでしょうか?

2. ストレスはない方が良い?

865a41d57395b88d81d163547810c2e9_s
ここでみなさんに質問です。「ストレス」はないほうがいいでしょうか?
「そりゃ、ない方がいいよね」と思いがちです。
もちろん、体調や心のバランスを崩すほどのストレスはよくありません。

しかし、ストレスが「0(ゼロ)」の方が、本当にいいのでしょうか。

先ほど、「2~3年前の自分と、今の自分を比べて、成長したなぁという瞬間を挙げてみてください」とお願いしました。
その「成長したなぁ」と感じる出来事のときを振り返ったとき、一切ストレスはありませんでしたか?

私は、間違いなくストレスを感じていました。
むしろ「普段より多くのストレス」を感じていたように思います。

例えば「大きな仕事を任され、大変だったけどやり遂げた時」。

大きな仕事ですから、自分にとっては挑戦(チャレンジ)です。
分からないこともあるし、うまくいかないこともある。
相当なストレスがかかっていました。
しかし、成長できました。

あれ?ストレスはある方がいいのでしょうか?

次のページへ>>> PTSDではなく、PTGという言葉を知っておこう・・・


ページ:

1

2

関連記事

  1. 終わりのないマイナス思考を断ち切る効果的な方法とは?

  2. 好かれる先輩女性と、お局さまの違い〜あなたは大丈夫?〜

  3. 働く女性もハマる!大人の塗り絵「コロリアージュ」の魅力とは?

  4. 昭和生まれがつい口にしてしまう、平成生まれもドン引きのダジャレとは?

  5. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~

  6. ChatWork幹部メンバーが語る、ビジネスシーンのチャットワーク絵文字活用方法!

  7. 上司が女性リーダー育成のために知っておきたい2つのポイント。

  8. マヌカハニーは便秘やダイエットに効果あり?実際に試してみた結果は・・・

  9. ファンデーションなしでも美肌に見せる、4つのメイクテクとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 毎日忙しい私たちだからこそ身につけよう!時間をコントロールする3つのポイント
  2. ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~
  3. 参加費無料!赤ちゃん学基礎講座@京都(同志社大学 学研都市キャンパス)
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP