マタニティブルーと産後うつの違い〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜


3.対策①食べ物!

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_s

これをしっかりとっていた妊婦さんはうつ症状になる割合が低いことがわかりました。

カルシウム
乳製品に多く含まれますが、特にヨーグルトがGOOD。
ビタミンD
DHAおよびEPAなどのオメガ3脂肪酸
タンパク質
ビタミンB6
これらは気分が安定してリラックスするのに必要な物質「セロトニン」の構成や働きを促してくれます。
DHAやEPAは魚に含まれることが多いもの。
タンパク質はトリプトファンを多く含むもの、特に大豆製品、乳製品、ナッツ類、かつお節など。
ビタミンB6は小麦や小芋に含まれます。

産後うつの症状が軽減することがわかっています。
これらはどれも、赤ちゃんにとって必要な栄養ばかり。加えて、妊娠期に乱れた食生活を送っている方は、ストレスを抱えやすいのだそう。
バランスの良い食事はおかあさんと赤ちゃんの体だけでなく、気分の安定にも役立つんですね!

4.対策②睡眠!

8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s

—-
妊娠中や出産後、眠れない人は決して珍しくありません。

半数以上の人が不眠。でも実は、長引く不眠はうつを招きやすいとされています。
不眠をやわらげるためには、「セロトニン」が役立ちます。

セロトニンから合成される「メラトニン」というホルモンは、「眠気」を促す作用があるのです。

セロトニンは朝、太陽の光を浴びることで体内で合成されます。反対にメラトニンは夜暗くなってから合成されます。
(引用:「マタニティブルー」と「産後うつ」の違い、乗り切る方法)

やはり、バランスの良い食事と睡眠という基本が大切なのですね。自分のことが後回しになってしまいがちになる産後だからこそ、意識して自分自身を大切にしてあげたいものです。「月とみのり」さんは、Woo!とも記事投稿の連携をしているサイトですので、これからも定期的に記事をご紹介していきます。またぜひ皆さんも、サイトに足を運んでみてください。

■記事全文はこちら
→「「マタニティブルー」と「産後うつ」の違い、乗り切る方法」


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 3月3日(金)お子さま同伴大歓迎!ママふぁん関西のランチ交流会@大阪

  2. 人を育てるプロが教える、子育てがうまくいくポイントとは?

  3. マタニティブルーを吹っ飛ばすオススメ本〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. 10月30日(水)第53回ぷちでガチ!育休MBA講座「イノベーションの本質」~市場創造からの社内外変革~

  5. 9/6(火)ワーママや女性向け〜ワーキングマザー応援セミナー @大阪商工会議所〜

  6. 転職、結婚…決断できる女性になるために大切なたった1つのこと。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 11月14日(木)第54回ぷちでガチ!育休MBA講座「エフェクチュエ…

    2019.10.17

  2. 【参加費無料】11月10日(日)「メンターmikke」設立1周年感謝祭~…

    2019.10.07

  3. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.04

  4. 10月25日(金)キャリア価値・転職市場価値の高め方、伝え方 ワーク…

    2019.10.01

  5. 10月30日(水)第53回ぷちでガチ!育休MBA講座「イノベーション…

    2019.09.25