気になる記事をClick!

フランス女性の働き方から学ぶ、ワークライフバランスを手に入れる方法


働く女性の皆さんこんにちは。話題の本を次々に出版されている、フランス人のミレイユ・ジュリアーノさんの本が、NIKKEI STYLEに紹介されていました。『フランス生まれ女性社長の仕事と人生を楽しむコツ ミレイユ・ジュリアーノ著「フランス女性の働き方」』

1.ミレイユ・ジュリアーノさんってどんな人?

image

ジュリアーノさんは、1946年フランス生まれ。1984年にシャンパンの世界的トップブランドとして知られる仏「ヴーヴ・クリコ」の米国現地法人の開設に携わり、社長兼CEOになりました。そんな彼女が働く女性が健康的なワーク・ライフ・バランスを手に入れる秘訣を語った著書が『フランス女性の働き方』です。

2.人を職業の肩書きで定義するのは退屈なことよ。

8cea53558500d6b61a2b3f56284c634a_s

—-
「フランス女性の12ヵ月」で、フランス人は誰かを紹介するときに、職業で紹介しないと書いた。かたやアメリカ人はたいてい仕事を紹介する。(中略)最近、エドワードとわたしは、パリのレストランで友人夫婦といっしょにディナーをとった。お相手はアメリカ生まれで二十年間フランスに住んでいる女性と、彼女のフランス人の夫で、彼とは初対面だ。楽しいひとときを過ごしたが、二時間後にも彼の職業はわからないままだった。ほっとさせられたことだった。人を職業の肩書きで定義するのは退屈なことではないだろうか?
( 136ページ 「誰の成功?」より)
(引用:『フランス生まれ女性社長の仕事と人生を楽しむコツ ミレイユ・ジュリアーノ著「フランス女性の働き方」』)
—–

ジュリア・ロバーツ主演の映画「食べて、祈って、恋をして」でも、訪れたイタリアで同じような会話がされていました。「あなたを表すものはなに?」とイタリア人に聞かれたジュリア・ロバーツが「ライターよ」と答えると、「それはただの職業だ。答えになってない。」とたしなめられるシーンです。

日本人の感覚でも、自己紹介の時にはまず「●●会社に勤めていて…」と必ず言うのが当たり前な雰囲気ですが、それ自体、フランスからするとナンセンスなんですね。肩書も何もかも外したありのままの自分を、「こうだ」と表現できる女性になりたいです。

次のページ>>> 仕事を選ぶのか、パートナーを選ぶのか?異国の地までついていくのか?著者の決断は?…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 食べ過ぎを防止するために大切なこと〜プロが伝えるオススメの習慣〜

  2. Googleが、女性のキャリアの多様性のために13種類の絵文字を提案!

  3. デキる女性の新常識〜SNSリテラシーの基本とは?〜

  4. 忙しい働く女性が運動するなら、効果があるのは朝?夜?どっち?

  5. 便利で簡単失敗なしサバ缶レシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. 働く女性にオススメ海外映画!イン・ハー・シューズ。

  7. 育休復帰後、部署や本人の不安や不満を解決するために最も大切なこと

  8. チャットワークエモーティコンに隠れキャラが!?その誕生の秘密とは

  9. 定時で目標達成できる部署になるために最も大切なポイントとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP