食べ過ぎを防止するために大切なこと〜プロが伝えるオススメの習慣〜


3 ダイエット成功の秘訣とは

画像2.3.④
結論から言うと、ダイエットがストレスなく絶対に成功する秘訣は、
「身体が本当に求めているものを過不足なく食べる」ことに尽きます。

ここで言う“身体が求めているもの”というのは、人間が一日に必要なカロリーやビタミンという話ではありません。
栄養学はドイツ人が科学的な目線でドイツ人に必要な栄養素を算出した一つの学問(=目安)に過ぎません。
命の営みは人間の知識や技術では、作ることも計ることも出来ないのです。

身体が求めているものは身体に聞くしかありません。
例えば歯の形状を見れば、人間は住んでいる土地に根差した穀物を食べるための歯が一番多いことが分かります(日本で言えば米、欧米で言えば小麦や大麦、赤道直下の島々では芋類が主食です)。
疲れがたまった時や、梅雨のじめじめした時期は、梅干しやシソジュースといった酸味が美味しく感じます。
逆に冬になると、根菜のたっぷり入った豚汁など、塩味の効いた身体を温める料理が食べたくなります。

身体は「言葉」を持たないだけで、実は器質的な部分や味覚などの五感を通じて、『今食べて欲しいもの』を教えてくれています。
そして身体が本当に欲しているものがきちんと摂れていれば、実は少量の食事でも十分に満腹感が得られるようになるわけです。

「食べても食べても満足できない」というのは、実は「身体に本当に必要なものが入ってきていない証拠」なのです。

4 身体にとって必要なものを取ると満足できる

2016.1.28-12時写真④
宿坊などに泊まって、朝食に「お粥、梅干し、漬物」という献立を見た時、「え?! 少ない!!」と思うかもしれません。

ですがこのような献立は日本人の身体に必要な主食=米がメインです。
そして白米だけでは補えない陽の氣を持ち、胃腸の働きを良くする梅干しや漬物を一箸、二箸頂くという、日本人の身体に一番必要なものだけで構成されているのですから、足りないものはありません。
頂いてしまえば、意外に満足できています。

身体にとって必要なものを食べていれば、余計なものは自然と欲しくなくなります。
結果的に食べ過ぎをストレスなく防ぐには、シンプルに「過不足なく食べる」習慣をつけるだけです。

例えばチョコレートやケーキを無理やりやめないとダイエットできない! と考えればダイエットは苦痛でしかありません。
ただ食習慣の過不足を正すと、チョコレートやケーキが差し当たって食べたくなくなる、夢のような状態が作れるということです。
(私が臨床でも指導し、自分自身の15年来のアトピー性皮膚炎を9ヶ月で根治した際に行った食養法もまさしくコレです。症状を悪化させる食材が欲しくなくなるような身体になるのですから、美味しく楽しく食事をしているうちに確実に治るという経過に至ります)

もちろん生活習慣や運動量、仕事量などによって多少のバランスは異なりますので、自分にとって一番合う食事の割合を今すぐにでもお知りになりたい方はお気軽に当院までご相談下さい(電話相談、往診も承っております)。

郷美由貴さんの会社情報

◆【大阪】あくあ美療鍼灸院/りんくう国際美療アカデミーhttp://www.biryoushinkyu.jp/index.html

◆2017~受付開始
【東京・表参道】ロシール・ホリスティック・クリニック青山

http://rocil-clinic.com/sp/concept.html
【東京・二子玉川】アメリ
http://二子玉川美容室.みんな/

電話受付 072-425-3661 (※完全予約制)※お客様専用回線のため営業のお電話はお控え下さい。

アトピー、アレルギー、リウマチ、うつ、摂食障害などの難治性・炎症性・慢性疾患専門東京~鹿児島まで、芸能人やアスリートの方も来院。医学博士との共同講演、健康食雑誌にも取材を受ける食養指導士の資格を持つ女性鍼灸師が手掛ける食養指導が付いた施術が人気の秘訣。出張施術承ります。

◆Twitter  https://twitter.com/miyuki24000
◆Facebookページ https://www.facebook.com/biryoushinkyu0240/
◆まぐまぐ!メールマガジン配信
『一日一養』~養生医療家がコッソリ教えるブログに書けない健康情報ウラ話~
初月無料です!  http://www.mag2.com/m/0001671563.html

◆当院協賛企業
神戸東洋医療学院

◆【アトピー・冷え性向け】梅ジュースの効能・マキノ出版『壮快』誌にインタビュー記事が掲載されました。
当院公式ブログ http://ameblo.jp/aqua-medical-office/entry-12170653899.html


1

2

あくあ美療鍼灸院 郷美由貴
直近2週間分の食事内容を見れば不調の原因と治し方が分かる、鍼灸師兼食養指導士です。

関連記事

  1. 栄養豊富なオススメ麺レシピ3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  2. 上司が女性リーダー育成のために知っておきたい2つのポイント。

  3. Woo!facebookページ

  4. 仕事を効率よく行うための3つのコツ〜ワーママ社長が伝えたいこと〜

  5. 肌トラブルを解決方法はこれ!〜プロが教える食習慣のコツ〜

  6. 結果はいつも、少し遅れてやってくる – 焦らず、長い目で見よう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【参加費無料】11月10日(日)「メンターmikke」設立1周年感謝祭~…

    2019.10.07

  2. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.04

  3. 10月25日(金)キャリア価値・転職市場価値の高め方、伝え方 ワーク…

    2019.10.01

  4. 10月30日(水)第53回ぷちでガチ!育休MBA講座「イノベーション…

    2019.09.25

  5. 【講演会 参加費無料 】 女性の視点が変えていく〜最高裁判事を経験…

    2019.09.18