育児に疲れたママにオススメの本〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜


働く女性の皆さん、ママの皆さんこんにちは。神戸を拠点に2008年から産院のキッチンで働くチームとして活動をされている「みらいたべる」さん。
その中で、産み育てるための食事「産育食」を広く伝えるために月とみのりというサイトを運営されています。
素敵な記事の中から今回は妊婦さんとお母さんのための「月とみのり図書館 8月の図書館」をご紹介します。

1 そういうふうにできている

【使用不可】2016.8.23 9時①
そういうふうにできている

さくらももこ(著)


「ちびまるこちゃん」の作者さくらももこさんの妊娠から出産までの抱腹絶倒エッセイ。
悪阻やマタニティブルーなど大変だったことさえも、飄々とした視点からおもしろく書かれた一冊です。
笑いの中にも、しみじみと考えさせられる子どもや日常についての深い考察があり子育てに悩むと読み返すエッセイです。

(引用:月とみのり図書館 8月の図書館)

2 たいようのおなら

【使用不可】2016.8.23 9時②
たいようのおなら

灰谷健次郎(著)


四歳から八歳の子どもの詩集。
子どもたちの物事に対して素直でひたむきな感情が詩に綴られています。
読めば笑顔に、ほっこり穏やかな気持ちになります。
純粋さゆえの鋭い視点にハッとさせられ、魂を揺さぶられます。
詩を読み終えた後には、是非とも灰谷健次郎さんの書くあとがきも読んでみてください。
心柔らかく子どもと接していこうと、この詩集を読むたびにいつも思います。
詩に添えられた長新太さんの絵も詩集にぴったり、素敵です。

(引用:月とみのり図書館 8月の図書館)

次のページへ>>> 慣れない育児に疲れ果てた私を救ってくれた1冊とは?・・・


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 私が仕事を13年間続けている本当の理由。

  2. やっちまったの連続。ドタバタ育児も笑い飛ばして楽しくいこう!

  3. 女性向けイベント〜妊婦の食事のポイント「産育食」が丸わかり@大阪〜

  4. 2人目出産で、私が恵まれた待遇の会社を思い切って退職した本当のわけ。

  5. 女性、親子向けイベント〜農業体験ができるCal-farm KOBE@神戸〜

  6. 7/21(金)ぷちでガチ!育休MBA講座「企業のリスクマネジメントと消費者問題」@大阪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. after/ withコロナ時代のパラレルキャリア私論

    2020.09.03

  2. 【女子未来大学:オンライン開催】9月27日(日)withコロナ時代のパ…

    2020.09.01

  3. 【オンライン開催】9月5日(土)第62回ぷちでガチ!子連れMBA講…

    2020.07.30

  4. 大手製造メーカーに新卒入社、10年目で労働組合へ | メンターに相談…

    2020.07.22

  5. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンター…

    2020.07.02