気になる記事をClick!

ベンチャーで働く女性に編集長が突撃取材!〜Chatwork 河野智英子さん〜

ChatWork 株式会社

ChatWork 株式会社

最も女性が活躍するベンチャー企業"NL members!"
ChatWork株式会社 河野智英子
ダンサーやヨガインストラクター、ラジオレポーターなど、非IT業界でのキャリアを経て2015年ChatWork株式会社に入社。ITが苦手な自身でさえも簡単に使いこなせるチャットワークに魅了され「働き方エバンジェリト」としてサービス普及活動に従事しながら、チャットワークを使った自分らしい働き方を提案しています!


働く女性の皆さんこんにちは。今回は、ChatWork株式会社で、働き方エバンジェリストとしてご活躍の河野智英子さんにお話を伺いました。

1.人生は、何が起こるかわからない。

【使用不可】2016.8.23 12時①
ー高野:河野さんは、子供の頃からバリバリ働こうと思っておられたのですか?

ー河野:子どもの頃は、お嫁さんになるのが夢でした。母が専業主婦だったので、女性が働くというイメージが湧かなかったんですよね。習い事も、ピアノ、華道、書道…といった女の子らしいものばかりで、おまけに女子校育ちです。それが、まさかこうなるとは…(笑)

ー高野:私も母が専業主婦なので、「女の人は家にいるものだ」と思って育ちました。それが、まさかこうなるとは…(笑)

ー河野:人生何が起こるかわかりませんよね。大学入学後は、テレビやイベントのアルバイトをしていて、「この延長でいい人と出会って、結婚できればいいなぁ」と思っていました。
その後は海外に旅に出て「結婚するまでに自分がやりたいこと」をリストアップし、それ以来、書いたことに片っ端からチャレンジしていきました。

ダンサー、ヨガのインストラクター、ラジオのレ ポーター、WEBライターまで…。

思いっきりやりたいことをやって、ある程度自分の中でやりきった感覚があったので「両親もそろそろ安心させてあげたいし、社員として企業で働こう」と思い、広告代理店に入社。その後、不思議なご縁で現職の代表である山本に出会いChatWorkへ入社しました。
現在は「働き方エバンジェリスト」として、セミナーで登壇し「様々な働き方がある」ことを多くの皆さんに伝える仕事をしています。

2.人と違うことを恐れない。

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912016-8-23-12%e6%99%82%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81-660x400
ー高野:河野さんの生き方は、良い意味で世間一般の常識とはだいぶ違いますよね。

ー河野:そうなんです。変わってますよね(笑)実は今まで就活は一度もしたことがありません。なにせ大学の卒業式に出ないで海外に旅に出たくらいなので(笑)バックパッカーで2ヶ月くらいかけて、アジアを中心に、エジプトやトルコ、シリアといった今では危険と言われている地域にも足を運びました。

その間に、自分がやりたいことを模索しました。

ー高野:若いころに海外に行かれた方のお話を聞くと、その経験が今の人生の基礎になっているという方は多いですよね。河野さんは、海外に行ってどんなことを感じられましたか?

河野:大きく感じたのは、「自分の肩書が通用しないこと」です。

当然なのですが、どこの大学出身だとか、どこの会社に勤めているなんて全く関係なく「いち日本人」としてしか見てもらえないんですよね。「自分のオリジナリティ」がとても大切なのだと痛感しました。また山本も「海外では、最初に名刺交換はしない。話して気があった人とだけ名刺交換するのが普通。」と言っていますが、肩書は通用しない代わりに、自分のキャラクターや相性があえば、仲間にいれてもらえる世界です。

ー高野:なるほど…日本と真逆なんですね。それはそうと、河野さんは大変行動力がおありですよね。海外に行ったり、やりたいことを片っ端からやられたり…すごいです。

ー河野:若いうちに海外に行った経験があったから、今「IT」という自分が全く知らなかった世界にも飛び込めたのかもしれません。 何でも人から聞いているだけでは分からない。結局自分がやってみないと分からないですよね。

自分でやってみて、自分のフィルターを通して、フィットするかしないかを決めたいという思いは常に持っています。

ー高野:確かに、常識がどうかより、自分がやって体験して肌で感じてみないと分からないことばかりですもんね。河野さんは色々なお仕事を経験されていますが、その中で一貫して大切にされていたことはおありですか?

ー河野:「好きなことを仕事にする」というのが私のモットーなんです。働いている時間は一日のうちで大半だから、嫌いなことをイヤイヤするなんてもったいないし、好きなことでなければ疲れてしまう。「人と違う」「変わっている」と言われますが、だからといって自分が無理に周りにあわせるのは辛いですよね。

周りがどうこうではなく、自分が好きなことを大切にしたいと常々思っています。 もとから「一生働く」という感覚がなかったので、ある意味出来たことなのかもしれないですね。

次のページ>>> 河野さんがチャットワークに入社したきっかけにびっくり…!


ページ:

1

2

関連記事

  1. 関西の大学生必見!アイデアをカタチにする体験型コンテスト「MEET UP KANSAI Vol.1」…

  2. 女性社長に女子大生が突撃取材!〜リトルムーンインターナショナル 文美月さん〜

  3. ワーママ兼週末起業女性に編集長が突撃取材!〜青山雅子さん〜

  4. 長期インターンシップで、同期とチームワークよく働き結果を出すには?

  5. 「だてにはげてない」杉浦佳浩さんインタビュー〜夢を持つのに遠慮はいらない〜

  6. 全国で活躍する関西出身ワーママ対談〜だてはげ活用術特別企画〜

  7. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜CUBEのワーママ、ナナさん〜

  8. ウォーキング講師で起業した竹澤摩佑子さん〜だてはげ活用術対談vol.6〜

  9. 本業以外でも自分を磨ける、パラレルキャリアのすすめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP