気になる記事をClick!

日本に居ながら英語を話す子どもを育てる為に大切なたった1つのこと


働く女性の皆さん、ママの皆さんこんにちは。最近は、インターナショナルスクールも増えてきましたが、日本に居ながらにして英語が話せるように子どもを育てたいという親御さんも多いのではないでしょうか。
今回は大阪市西区でインターナショナルプリスクールを運営されている「ハピオスインターナショナルプリスクール」さんのブログ「コミュニケーション能力と英語の関係」についての記事をご紹介します。

1 子どもに英語を教えるなら、早期教育が必須!

stocksnap_x6077hdeqh
子どもが英語を話せるようになるには、早期教育が必須です。
今回は「英語の早期教育がなぜ必要なのか」について少し掲載したいと思います。
ただし、これが絶対!という事ではなく、あくまでひとつの参考としてお読みくだされば幸いです。

その1
これは英語に関心がない方でも何となくわかる事だと思いますが、「世界の共通言語」だということ

その2
言語を司る脳の臨界期が関係していること

その3
英語に限らず他言語を小さい頃から聞く事が非常に有効であること

その4
他言語を学習する事で違うものの見方や表現の仕方が身につくということ

その5
外国人講師に教わることで自然と国際感覚が養われること

などなど、他にも沢山理由はありますが、主にこういった理由から早期教育が望ましいと考えています。

2 オランダでの英語教育

stocksnap_mqrv3mvcnb
先日、ご縁がありオランダ大使の公邸にお招き頂きました。
そこでオランダの教育事情を伺ったところ、英語学習は小学1年生(聞く・話す)からだそうです。

そして、80%以上が普通に英語を話せる上に、フランス語、ドイツ語なども中学生で学習するそうです。

学習開始時期を考えると日本もようやく少し追いついて来たかなといった所ですが、国が置かれている事情、国策などもその違いの大きな理由のひとつです。

オランダでは、テレビの音声は基本的に英語で字幕がオランダ語といった事が多いそうです。
その他にも、他国が隣接していますので、イギリスやフランス、ドイツの番組もその国の言語で放映されていて、子どもたちは生まれた時から他言語が当たり前の環境なのだそうです。

このように、英語が普通に話せる国は多数ある中で、日本人だけが先進国にも関わらずほとんど話せないのは、島国という環境による所も大きいのかもしれません。

次のページへ >>> ハピオスインターナショナルプリスクールで大切にしていること


ページ:

1

2

関連記事

  1. パワーママプロジェクト関西始動、女性向けイベントも開催予定!

  2. 働き方変革シリーズVol3.効率よく働くには、断る勇気を持つこと

  3. イヤイヤ期の2歳児のママにおすすめの本!〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. オシャレ家族写真の4の撮影方法〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  5. 業界が注目する「日本公認会計士協会近畿会 女性会計士委員会」インタビュー

  6. 社内初時短管理職ワーママに編集長が突撃取材!〜井本七瀬さん〜

  7. バリキャリ・ゆるキャリはもう古い?注目のフレキシブルキャリアとは?

  8. 女性、親子向けイベント〜農業体験ができるCal-farm KOBE@神戸〜

  9. Woo!編集長髙野の出産復帰対談〜だてはげ活用術特別企画vol.9〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 自分を責めてしまうお母さんに~お母さんのためのしあわせ学
  2. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  3. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
PAGE TOP