業界が注目する「日本公認会計士協会近畿会 女性会計士委員会」インタビュー


3 働き方を柔軟にすることの大切さについて

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-1-24-12%e6%99%82-3

高野:少し話は変わりますが、藤枝さんは独立をきっかけに、積極的に育児をされているとのことですが、そのあたりを教えて頂けますか?

藤枝:はい。実は私の妻も、公認会計士なんです。結婚してしばらく経って、妻は監査法人を辞め、そこから新たに勉強をして法科大学院入学したのですが、しばらくして妊娠がわかり、翌年の3月に長男を出産しました。

法科大学院の方は続けるつもりでおりまして、それなら私も妻の育児に協力できればと思い、当時勤めていたM&A仲介の会社を退職し、独立しました。
もっとも、数ヶ月は学校を続けていましたが、夏休みに入ってずっと子供といて、また子供も3か月を過ぎると日々成長していくのが見えてきます。そうなると子どもが可愛くて、もっとずっと子どもと一緒にいたいという気持ちが強まってきたようで、妻も法科大学院を辞めて、育児に専念する決断をしました。

私も独立後は自宅で仕事をすることが多かったので、自然と子育てをする時間が増え、特に長男が幼稚園に通っていた時代はずっと一緒でしたね。公園に散歩に行ったり、幼稚園の行事に参加したり…組織に勤めていた頃とは全く違う働き方になりました。

現在は子どもも大きくなり、長男が小学校6年生、2人目は6歳の年長さんになりました。

高野:素敵ですね!ただ、世間一般的には、「独立したらなおさら仕事優先だ!」という男性が多いように思うのですが…。

藤枝:確かにそうですね。ただ、私の先輩の独立している公認会計士も、子どもが産まれると可愛くて、オフィスを自宅と同じマンションにうつして、オフィスに子どもの遊び場まで作って、子育てしながら働いている方もおられますよ。

原:男性にとっても、自分が将来子どもとの時間を大切にするかどうか、独身の時にはわからない方が多いのではないでしょうか。藤枝さんも独身の時は仕事一筋だったのですから(笑)もちろん、実際に子どもが産まれて、子どもを目の前にして気持ちが大きく変わる方もいらっしゃるとは思いますが…。
もし予め「結婚相手が育児に積極的かどうか」が分かっていたら、お互いの働き方も考えた上で結婚できるのでしょうが、実際はわからない中で判断して結婚するしかない場合もあったりします。これって、よく考えるとリスキーですよね(笑)

高野:確かにー(笑)!

藤枝:私の場合は、自分で時間をコントロールでき、子どもと一緒にいられる環境を自分で作ることができたのは大きいですね。
私の周りの父親の方で、子どもとの時間を増やしたいけれど、勤めていると実際は難しいという方も多いです。ただそうなると、普段は仕事ばかりになるので、いざ休日に子どもと2人で出かけようと言っても、子どもから断られることも多いそうです。確かに、いきなり2人で外出と言われても、子どもも戸惑いますよね…。

原:藤枝さんのような働き方が選択出来るといいですし、そういう方がどんどん増えるといいですよね。今私は公務員という立場なのですが、仕事一筋の男性ももちろんいますが、同僚の男性が子どもの送り迎えをしてるケースは民間時代よりもよく目にします。例えば出勤時刻をずらせる制度がある、というように、職場で勤務時間の融通が効くようになればパパも働きやすいですよね。

高野:先日ある大阪のベンチャー企業の経営者の方が「女性が活躍するには、同時に柔軟に働ける環境を整備しなければ無理だ」とおっしゃっていて、まさにそのとおりだと思いました。

原:制度だけではなく、それらを女性と男性どちらでも使うことを許容できる風土も大切ですよね。ただ、制度を充実させ縛りをきつくすると、逆に働きにくさに繋がることもあるので、ある程度柔軟性を持たせることもまた、大切だと思います。

高野:本当にそうですね。公認会計士の現場の働き方も、徐々に変わってきているんでしょうね。

原:はい。データはメールでやり取りすることもありますが、パソコンには複数のパスワードがかけられ、パソコンは単なる入力端末にしかすぎずデータはサーバーにしか保存できないようにしているなど、情報セキュリティも厳重です。打ち合わせをWEBミーティングで実施するところも増えてきましたし、監査法人では在宅勤務制度を導入しているところもあります。ただ、数字やデータを見ているだけでは十分ではなく、現場に出向いて現場の状況を観察したり直接話を聞くからこそ見えることも多いので、対面の打ち合わせも大切だと思います。

藤枝:クライアントの協力も重要ですね。私は、今子どもたちと一緒に9時に寝ていますが、朝3時には目が覚めてしまうので(笑)、早朝から仕事をすることも多いです。その人の生活スタイルにあわせた色々な働き方があると思うので「働く時間や働き方を選択できる」ことはとても大切ですね。

長く働いたからといって、効率が良い訳ではないとつくづく感じます。「この時間しか無い!」と集中した方が断然効率は良くなります。自営になったことがきっかけで気づいた感覚ですね。

原:確かに、育児をする方々だけではなく「有休を使う!」という時でも、その日までに仕事を終えようと必死で取組むので生産性は上がりますよね。「働く時間を短くする」という考え方がポイントだと思います。私個人の場合、今の職場では仕事に支障がなければ有休を取ることに肯定的です。もし週4日勤務で収入が同じならば、実質的には収入増と考えられますので、育児だけでなく、生きがいのためや、万が一の病気などにも対処しやすくなります。この点は、公認会計士だけではなく、職業問わず、組織全体で「働く時間を短くする」ことに関心を持ち目標にするようになれば良いのではないか、そのために何をしていくべきか、を考えているところです。

 

4 女性会計士委員会の役割や活動について

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-1-24-12%e6%99%82-4

 

高野:先日、11月19日に 「家事育児を夫婦協働している男性会計士に学ぶ「共働き世帯の子育て術~うちのパパの家事・育児~」」というイベントを実施されましたが、これはどういった目的で企画されたのですか?

原:女性会計士委員会は、今まで女性に対して女性を元気にするための企画が多かったのですが、男性と一緒に考える機会を作り出していかないといけないと常々考えていました。そこで、まず手始めに子育て世代の男性に光をあて、今までの固定観念とは違う生き方や働き方をしている方の存在を表に出すことで、男性の参加者が増え、男性陣の意識も変わるかなと思ったんです。

当日は、新生児の人形をお借りてして育児体験をしたり、妊婦体験ジャケットをお借りして、妊婦体験をしたりもしました。

また子育て世代の人たちにとっては、「休日に子ども預けてどちらかが外出する」のは簡単なことではありません。であれば、イベントも「子連れで夫婦での参加OK」にし、参加して頂きやすい工夫も行いました。

高野:お子さん連れの参加がOKという部分は、子育て世代にとっては嬉しい配慮ですよね。

原:はい。女性会計士委員会では、今までのセミナーでも子連れ参加OKにしていましたが、セミナー会場とは別に託児部屋を作り、そちらでお子さんをお預かりしていました。

ただ今回のセミナーに関しては、同じセミナー会場の一区画を保育スペースにして、会場にいる方々が、子どもを側で感じながらセミナーを受講できるようにしました。

高野:あえて同じ空間にされたというのは、素敵ですよね、子どもの遊び声が聞こえる中でのセミナーについては、以前私も経験したことがありますが、日本でもこういった形がごく自然になればいいなと思いました。当日は、どのような方が参加されたのですか?

原:1歳のお子さん連れのご夫婦もおられれば、男性1人で来られた方もおられました。奥さんが「派遣でもいいから働き続けたい」と言うので、夫である自分はどうサポートするべきか学びたいという方もおられました。また、60代の男性の方がお一人で参加されていたことにはびっくりしましたね!

高野:えー!すごい!

原:息子夫婦と同居することになり、将来自分がおじいさんになる時に、どうすればいいか事前に勉強したいということで来ていただいたんです。

藤枝:本当に様々な方が参加されていましたね。働き方や家族の形も十人十色だと思いますが、男性も絶対育児を経験したほうがいい。大きく世界が広りますから。

実際に幼稚園でも、お父さんが行事に参加されるケースは徐々に増えてきました。昔は幼稚園の参加日は平日の為ほとんどお父さんいませんでしたが、今はクラスの中で2~3人は必ずお父さんがおられますよ。

高野:10年前とはだいぶ変わりましたよね。また、藤枝さんのような存在が、男性側の視点で発信して頂くことは本当に重要だと思います。

藤枝:仕事を通して得られることは多いですが、子育てを通して得られる経験も素晴らしいものです。こういう経験を持てる機会があるのであれば、絶対に持ったほうがいい。そのためには、世の中で柔軟な働き方が進むことがポイントですね。

原:子育てはどういった部分で仕事にプラスになりましたか?

藤枝:時間の使い方が変わった点です。長時間仕事をするのが当たり前ではなく、効率よく仕事する意識が格段に上がりました。「この会議は何のためか?」「これは参加する意味があるのか?」と1つの仕事についても優先順位をより考えるようになりました。

原:先日のセミナーでは、男性で育休を取得された公認会計士の平岩さんという方にもお話頂きましたが、普段は公の場には出てこられなくても、現場にそういった男性は必ずおられます。その方々に本音ベースを話してもらうからこそ、参加者の気付きになり、意味がある。

このようなロールモデルの方を探して、引き上げて、お話して頂く場を持つことは、これからの女性会計士委員会の大切な役割だと考えています。まだまだ、がんばりますよ!

高野:素晴らしい…!私も12月末に2人目出産予定ですが、来年から週1で夫に在宅ワークをお願いしています。新生児を見ながら家で仕事をするのは大変なことも多いと思いますが、この経験を夫婦で共有したいですし、夫にはその体験をどんどん発信してもらいたいですね。
関西は働き方の柔軟性という面ではまだまだ遅れているからこそ、発信者の存在はとても重要。そしてWoo!自身も、こういった情報発信ができるようにしっかり頑張ってまいります。

本日は有難うございました!

原・藤枝:有難うございました!

「日本公認会計士協会近畿会」について

・サイトはこちら

・女性会計士20人 人生の中間決算書』の電子書籍はこちら
(平成23年に女性会計士委員会が制作した、各界で活躍する女性会計士20人のそれぞれの歩みを紹介した本です。職業を問わず参考になれば幸いです。ぜひご覧ください。)

 


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 大阪市内のインターナショナルスクールに編集長が突撃取材!〜ハピオスインターナショナルプリスクール 内田洋介さん〜

  2. 社内初時短管理職ワーママに編集長が突撃取材!〜井本七瀬さん〜

  3. 大阪商工会議所ワーキングマザー応援セミナーレポート公開!

  4. パワーママプロジェクト関西始動、女性向けイベントも開催予定!

  5. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜リグア 川瀬紀彦さん〜

  6. 赤ちゃん連れで行ける映画館〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【参加費無料】11月10日(日)「メンターmikke」設立1周年感謝祭~…

    2019.10.07

  2. 働く女性向け社外メンター紹介サービス「メンターmikke(ミッケ)」…

    2019.10.04

  3. 10月25日(金)キャリア価値・転職市場価値の高め方、伝え方 ワーク…

    2019.10.01

  4. 10月30日(水)第53回ぷちでガチ!育休MBA講座「イノベーション…

    2019.09.25

  5. 【講演会 参加費無料 】 女性の視点が変えていく〜最高裁判事を経験…

    2019.09.18