気になる記事をClick!

伸びる人と伸び悩びない人はどこが違う?~前編~

小川 由佳

小川 由佳

小川由佳(おがわゆか) FAITH(フェイス)代表

メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。

■一言メッセージ:働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!


働く女性の皆さんこんにちは。小川由佳です。

皆さんは伸びる人と伸び悩む人の差はどこにあると思いますか?2回にわたって書いてみたいと思います。

1 ある女性起業家曰く

stocksnap_mgbq17cx9f

 

「起業で成功する人はどんな人ですか?」という問いに対し、ある女性起業家の方が、
・素直な人
・行動が早い人
と答えていたのを記事で読んだことがあります。

確かに!

「起業で成功する」というだけでなく、何らかの分野で成功する人、伸びる人というのは、これらの2つの特徴を兼ね備えていますね。
私自身、振り返ってみると、過去に部下だった人達の中でもよく伸びる人というのは、これら2つの傾向があったように感じます。

例えば、素直な人というのは、新しくインプットしたことを取りあえず試してみる人。
「○○っていう本、参考になると思うから読んでみたら?」とアドバイスされたら、読んでみる。
また、行動が早い人というのは、行動に移すのがとにかく早い人。
本を紹介されたら、その日のうちにネット購入し、届いたらすぐ読んでしまう。など。

とはいえ、いざ、自分が「素直な人」「行動が早い人」になろうとすると、意外にハードルが高い・・・なんてことはありませんか。
今回はまず「素直な人」について書いてみたいと思います。

2 過去の私は…

6629875515_a5fb1415db_z

私の場合、過去を振り返ってみると、自分の中の変な思い込みやプライドが、「素直な人」になることを邪魔していたように思います。

例えば、10年ほど前コンサルティング会社に勤務していたとき、上司から、
「小川さん、アドバイスしたことは、まずはそのままやってみてよ。アレンジするのはそれからでいいよ」
「他の人のやっていることでいいなと思ったことは、積極的に取り入れてみてよ」と言われたことが多々ありました。

当時の私は、アドバイスしてもらったことや他の人のいいところをそのまま素直に真似するのは、すごく恥ずかしいこと、かっこ悪いこと、敷居の高いことであるような気がしていました。

おそらく、固定観念として、「人の真似をすべきではない」っていうのが、私の中のどこかにあったのでしょう。
なので、「あ、いいな~」って思っても、なんとなく抵抗感があって、素直に真似することができない(涙)

でも、今、思い返すと、効率よく学び、早く成長するためには、素直になり、いいと思うことは積極的に取り入れる、人を真似ることも大事だったなあと思います。

次のページ>>>そんな私が変わったきっかけとは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. ホームビジットの3つのメリット〜親子で気軽に英語に触れる!〜

  2. 時間が無い働く女性にオススメのタイムマネジメントの3つのコツ

  3. 仕事で「いっぱいいっぱい」だった新人時代に先輩が放った名言とは?

  4. デキる女性が実践する、自分の感情をコントロールする簡単な方法とは?

  5. 忙しい働く女性の味方?youtubeトレーニングでダイエットを始めてみた。

  6. 女性のキャリア形成で大切なこと〜やりたいことに固執しない〜

  7. 自分の限界は自分が決めている〜一歩踏み出す勇気を持とう〜

  8. 上半期アクセス2位『LINEとチャットワークの4つの違い』

  9. 1人で抱え込んでしまう女性へ〜周囲に相談して進める大切さ〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 毎日忙しい私たちだからこそ身につけよう!時間をコントロールする3つのポイント
  2. ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~
  3. 参加費無料!赤ちゃん学基礎講座@京都(同志社大学 学研都市キャンパス)
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP