ベンチャー企業で働くワーママに編集長が突撃取材!〜北窓佐和子さん〜


3.夫の転勤と共にパナマへ移住。それでも会社を辞めずに続けられた理由とは?

kitamado5

実は数年前、主人がパナマに転勤になって私もついていくことになり、「これはさすがに会社を辞めないかんよな…」と思いました。
ただ、仕事も会社も好きだったので、あまりに辞めたくなくて働き続けたくて。

パナマでの遠隔ワークを、ダメ元で社長に提案してみました。
すると「おもしろいやん、やってみよう!駄目だったら、そのとき考えようよ!」と快諾頂いたんです。

実際、時差はあったものの、お客さまの中には私がパナマにいるのを気づかない人もいるくらい、普通に仕事ができました。
もちろん会って仕事するに越したことはないですが、ネットでも十分やっていけるんですね。ちなみに、第三子はパナマで出産しました。

4.ベンチャー企業で働く女性が、知っておくべきたったひとつのこと。

kitamado2

働く女性がやりがいを持って、出産後もベンチャー企業でイキイキ働き続けるために知っておくべきことは、
【自分で考えて提案するアグレッシブさを持つ】ことだと思います。

ベンチャーは、ルールや規則に縛られすぎず、寛容に配慮してもらえる一方で、提案しないと助け舟は出てこない体質もあります。

以前、素敵に働く女性の先輩が「駄目かもしれへんけど、自分から提案したらいいやん!一歩すすむで!!」とおっしゃっていたのですが、
まさにその通りだと思いました。
「上司が気づいてくれないかな」「誰か助けてくれないかな」と待っているのではなく、「無いなら創る!」「だめもとでも言ってみる!」
少し一歩踏み出す勇気が必要だなと感じます。

私も社内の後輩女性にとっても、ひとつの道になれればいいなと思っているので、これからも頑張っていきます!

ハンサムWoo!manプロフィール

株式会社PAL(物流アウトソーシング事業)人材開発部 北窓 佐和子(きたまど さわこ)さん。

大学卒業後、大手メーカーに総合職として入社。
夫の転勤でアメリカに5年駐在し、その間に第一子出産。帰国後は派遣で外資系企業の役員秘書として働く。
第二子を出産し、その後は株式会社PALにて社長秘書として勤務。その後、夫の転勤で再び海外へ行くことになるが、PALに在籍したまま、遠隔で仕事をこなすという異例の働き方を実現。第三子出産し、帰国後は3児の母として、現職の人材開発部で奮闘中。

北窓さんが働く株式会社PALのサイトはこちら


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 半年で営業MVPを獲得した吉崎詩歩さん〜だてはげ活用術対談vol.1〜

  2. 端午の節供の本当の由来〜ママから子どもに伝えたい日本の風習〜

  3. 12/22(木)女性向けセミナー〜ぷちでガチ!育休MBA講座シェアリングビジネス@大阪

  4. 世界中でシェアされた詩「これはあなたの人生です。」

  5. 編集長が突撃取材~大阪弁護士会男女共同参画推進本部 女性弁護士が働く現場に迫る~

  6. 人を大切にする社長に女子大生が突撃取材!〜ベラジオコーポレーション 吉田拓明さん〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【オンライン開催】9月5日(土)第62回ぷちでガチ!子連れMBA講…

    2020.07.30

  2. 大手製造メーカーに新卒入社、10年目で労働組合へ | メンターに相談…

    2020.07.22

  3. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンター…

    2020.07.02

  4. 【子育て世代へのアンケート】「子育て×働く」のリアルを探求するキ…

    2020.06.30

  5. 社外メンターに相談して、目の前の霧が晴れた!| メンターサービス…

    2020.06.08