気になる記事をClick!

女性活躍の第一線で走り続ける女社長に女子大生が突撃取材!~ナチュラルリンク 高野美菜子さん

女子大生 インターンズ

女子大生 インターンズ

Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンクの女子大生インターンズです!大学生活と両立し、楽しくインターンをしています!私たちと同じくインターンをしている学生さんにも見てもらえるような投稿を目指しています!


こんにちは。ナチュラルリンクでインターンをしている丸本小夏です。
今回はWoo!の運営者であり、株式会社ナチュラルリンクの創設者のお一人でもある高野美菜子さんにインタビューさせていただいた内容をお伝えします。

高野さんの学生時代や就活の話も踏まえつつ、今すべきことが分からず途方に暮れている学生は何をすべきなのか、をお聞きしましたので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

【プロフィール】
氏名:高野 美菜子(こうの みなこ)
会社名:株式会社ナチュラルリンク
職種:代表取締役
簡単な経歴:新卒で人材教育・コンサルティング会社に入社。成績ゼロの時代を経てトップセールス賞を3度受賞。女性営業育成や研修運営経験を経て、2009年10月、㈱ナチュラルリンクを設立。2013年に第一子出産。2017年に第二子出産。

1 100社落ちた後の、気持ちのリセット

stocksnap_bj880xye9t

ー丸本:では早速高野さんの経歴からお聞きしていきたいと思います。
学生時代はどのように過ごされていたんですか?

ー高野さん:私は小さい頃からずっと親の影響でピアノを習っていて、それで大学に行くようにと言われ続けていたんです。でもいざ大学を選ぶ時になって迷った挙句、「やっぱり普通の大学生活を送りたい!」そう思ってピアノの道を選ぶのはやめ、猛勉強しました。
しかし実際大学に入ってからは「アルバイトでお金を貯めて海外に行く」といった学生生活を謳歌し、どういった職に就くのかなど将来のことはほとんど考えていませんでした。

ー丸本:そんな大学生活憧れます!
就活を始められたのはどれぐらいだったんですか?

ー高野さん:就活準備は全然していなくて、実際に動き始めたのは3回生の終わり頃でした。やりたい仕事も定まっていたわけではなかったので様々な業種を合計で100社ほど受けました。その中には飛行機のパイロットもありましたね(笑)

ー丸本:パイロットですか!?すごく幅広く受けられたんですね。
結果はどうだったんですか?

ー高野さん:残念ながら結果はほぼ全滅で、7月時点でもまだ1社も内定が出ていない状況でした。ゼミの周りの同期はみんな順に内定が出ていたので、焦りもありました。

ただ自己分析もほとんどしていなかったため、次は本音でぶつかってみようと、今までのように自分を飾らず当たって砕けるぐらいの気持ちで臨みました。
半分涙目になりながらも偽りない正直な気持ちを語り、「今すごく悔しいので人の何倍も頑張って周りの人を見返したい。そのためなら何でもやります!」と、意気込みを語りました。

すると見事にそちらの会社に内定をいただけました。
結局自分を飾るのではなく、どれだけ素で、本音でぶつかっていけるかなのだとその時実感しました。

ー丸本:簡単そうに聞こえても、素で本気でぶつかっていくことはなかなか難しそうですね。
自分を繕ったり飾ったりしても、人事の方はお見通しなのでしょうか・・・!?

ー高野さん:人事の方は出会って3秒で大方を決めている、という話を聞いたことがあります。
もちろん沢山の人を見てきた経験値があってこそできることですが、だいたい最初の印象が当たるそうなんです。

ー丸本:「出会って3秒の印象が大事」とはよく言いますが、就活にも深く通ずることなのですね。

2 社長に憧れ、社長になるまでの道

stocksnap_t6wj6hid1g

ー丸本:では入社されてからはいかがでしたか?

ー高野さん:最初はとても苦労しました。もともと希望していなかった営業に配属になったのですが、面接の際に「何でもやります!」と意気込んでしまった手前引けなくて。
ただ営業の中で会う人は社長さんが多く、その頃から「社長」という響きに憧れを持っており、「いつか社長になってみたい」と漠然と考えていました。

ー丸本:もうその頃から社長になる事を考えておられたんですね!
営業の仕事は大変でしたか?

ー高野さん:そうですね。なかなか成果は出せず、営業会議で怒られることもしばしばでした。そんな中、皆の前で怒られたときに悔しくて、「じゃあ営業で一番になります!」と思わず宣言してしまいました。
でもその日から「どうすれば1回でアポをもらえるのか」「じゃあそこから契約につなげるにはどうすればいいか」、そういったことを考えながら仕事をするようになり、今まで嫌々仕事をしていた時よりもやりがいを感じられるようになりました。

ー丸本:他に成績を伸ばすために努力されたことはありますか?

ー高野さん:当時トップセールスのA さんという先輩がいて、彼女は仕事もできるし残業もほとんどせず颯爽と帰っておられたんです。どうすれば彼女のように仕事ができるんだろうと考えた結果、「私、Aさんのマネしていいですか?」と直接お願いしました。最初は持ち物や話し方をまねていき形から入っていったのですが、そうする中で色んな仕事のコツや時間の使い方が徐々に見えてきたんです。

「できる人を徹底的にまねる」のは一種成功への近道だと感じました。

ー丸本:そんな発想があったんですね!私も実践したくなりました。
ではそこから今のナチュラルリンクを立ち上げるにあたった経緯を教えてください。

ー高野さん:起業するきっかけになったのは営業先の社長さんとのやり取りでした。ある日「将来はどうなりたいの?」と尋ねられたのですが、その時は20代なかばで将来に対してとても悩んでいる時期でした。答えが出せず、もんもんとしている時にそのようなことをきかれ、とっさに1年目に漠然と思っていた気持ちを思い出し「社長になりたいんです」と勢いで言ってしまったんです。

ただ全く準備もしていなかったのでその時すごく怒られて、「本気でやるなら、いつ起業するのか今すぐ決めろ」とまで言われて。

「じゃあ1年後に起業します!」そう宣言したのをきっかけに今の会社を立ち上げることになりました。
数年後にその社長さんとお話していたらご自身がきっかけになった事をすっかり忘れておられて、大変驚きました(笑)

次のページへ>>>将来に不安を抱く学生へのメッセージ


ページ:

1

2

関連記事

  1. 歯科医院の女性院長に編集長が突撃取材!〜小林千恵さん〜

  2. 業務委託で働くメリットとデメリット〜女性のキャリアの選択肢〜

  3. “リケジョ“として働く女性に女子大生がインタビュー! 青山雅子さん

  4. 働く女性に女子大生が突撃取材!〜FCS 川田有香さん&藤本奈緒子さん〜

  5. 就職、転職、起業検討中の女性の自己分析にぴったり?「戦国武将占い」

  6. 「好きなこと」を仕事にできる働く女性に共通することは実は…?

  7. 最初が肝心。女性社長が教える起業のチームづくりのポイントとは?

  8. 半年で営業MVPを獲得した吉崎詩歩さん〜だてはげ活用術対談vol.1〜

  9. 20代の転職に成功した女性に編集長が突撃取材!〜景利友美さん〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 参加費無料!11/25(土)女性リーダーの話からヒントを得よう@大阪
  2. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  3. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP