気になる記事をClick!

働く女性に女子大生が突撃取材!~株式会社PAL 平田 妃紗さん~


女子大生の皆さん、働く女性の皆さんこんにちは! Woo!で学生インターンをしています、加藤道代です。 株式会社PALさんで働く女性社員、平田 妃紗さんにインタビューをさせて頂きました。 株式会社PALさんは創業以来、徹底して物流分野の「生産性向上」のためにつとめてこられ、「モノの流れの生産性を向上させ、企業と人と街の成長を支える」をMissionに活動されています。

1 人事労務って?

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-7-26-9%e6%99%82woo%e2%91%a0

ー加藤:本日はよろしくお願いいたします。 初めに、平田さんの現在のお仕事を教えていただけますでしょうか。 平田さん:はい、私は現在 経営管理本部の係長をしており、人事労務という業務をしています。

人事労務とは、経営管理の領域の一つで、会社の「人」に関わる業務です。スタッフや従業員が円滑に業務できるように、会社の枠組みづくりをすることで貢献するバックオフィスの役割を持っています。具体的には、給与計算や社会保険手続き、問題が起こった時に解決したりと、「労務」という名の通り働く方のサポート業務をしています。

ー加藤:私は「人事労務」という仕事を初めて聞いたのですが、とても幅広く活動されているのですね。 お金に関わる業務も担当するということですが、「経理」とはどういった点が違うのですか。

ー平田さん:経理は会社のお金を扱っている、というところが違いでしょうか。労務はスタッフや社員の給与や手当の計算をする役割を担っていて、それを経理に連携し、支給という流れです。

ー加藤:労務はお金に関わる業務もありますが、あくまでスタッフや社員さんのためのお仕事なのですね。 少し話が変わりますが、平田さんは係長をされているということで、普段から部下の方と仕事をする上で気をつけておられることはありますか?

ー平田さん:役職に囚われるのはあまり好きではなのですが、係長には部下がいて、部下をマネージする立場にあります。しかし、係長はマネジメントする側でもあり、同時にプレイヤーでもあるのです。 「マネージャー」と「プレイヤー」、二つの役割を使い分けるのは難しいですが、プレイヤーとしては自分の受け持っている仕事をみんなに共有し、分からないことがあればメンバーに素直に「ここが分からないから、教えて!」と聞いています。

同じ目線に立って、プライドにはこだわらず弱みを見せることが大事だと思います。 マネージャーとしては、やはり人に動いてもらうためにはただ指示を出すだけでは足りないので、目的とその背景を伝えることを大事にしています。あとは、きちんと仕事が履行されるためにフォローをしたり、期限をつけて管理をしたりすることも重要だと思います。

ー加藤:なるほど、「マネージャー」と「プレイヤー」二つの側面を持っているのですね!

2 学生時代と就活

%e3%80%90%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8d%e5%8f%af%e3%80%912017-7-26-9%e6%99%82woo%e2%91%a1

ー加藤:次に平田さんの学生時代についてお聞きしたいのですが、学生時代はどのように過ごされていましたか?

ー平田さん:学生時代は1・2年生の時に勉強を頑張って単位を取り、3・4年生ではサークル活動に熱中していました。 サークルは大学生から始めたダンスをしていて、今でもインストラクターとして週末にダンスを教えています。

ー加藤:そうなのですか!とてもアクティブですね!

ー平田さん:学生時代から、何をするにも置かれた状況で一生懸命に取り組むことがモットーでした。学生時代は、単位が取れるという理由もあり海外に留学してホームステイをしたこともあります。でも、行くからには「たとえ周りに日本人がいたとしても100%英語で話そう」という気持ちで日々を送っていたので、とても濃い体験を得ることができました。

社会人になってからも「一生懸命に」という姿勢は変わっていないのですが、この前ふと一生懸命の意味を調べてみると、「命を懸けて物事に当たる」だったのです!「命を懸ける」ですよ! その時、私は今の仕事に命を懸けているのか、と自問してみたのですが、自分はまだまだ一生懸命になれていないということに気づきました。それから、もっと頑張ろう!と思い、パソコンに「一生懸命」と書かれた付箋を貼って、いつでも目に入るようにしています。

ー加藤:一生懸命にはそのような意味があったのですね。 私もよく一生懸命という言葉は使いますが、本当に命を懸けているのか、と言われると… 私も付箋を貼っておくことにします!

ー平田さん:ぜひやってみてください!見るたびに気が引き締まるので、いいと思います!

ー加藤:はい!ありがとうございます! 次に、就活生時代のお話を聞かせていただきたいのですが、就活生時代はどんなことに気をつけて活動されていましたか?

ー平田さん:まずは、会社のホームページを見てその会社についての知識をつけ、それを自分自身の言葉で伝えられるように表現の引き出しを増やしていきました。 面接の時は伝え方にとても気を配っていました。基本的なことではあると思いますが、「笑顔ではっきりと目を見て話す」ことや「質問に答える時は軸をブラさないように、また質問に対して 適切な回答になっているか」ということに気をつけていました。

ー加藤:確かに「伝える」ということは難しいですが、大切なことですよね。 今も平田さんが目をしっかり見て話してくださるので、とても気持ちが伝わってきます!

次のページへ>>>転職を3回経験…!?


ページ:

1

2

関連記事

  1. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜エイブルワーク 佐藤栄哲さん〜

  2. 女性が人材派遣で働くメリットとデメリットについて。

  3. Woo!編集長髙野の出産復帰対談〜だてはげ活用術特別企画vol.9〜

  4. 長期インターン経験を持つ女子大生に突撃取材!〜同志社大学 野呂眞紀さん〜

  5. 女子未来大学主催社長に編集長が突撃取材!〜猪熊真理子さん〜

  6. 2児の母のワーママ営業女性に編集長が突撃取材!〜山口恵美さん〜

  7. 「女性活躍企業の採用担当者に女子大生がインタビュー! 株式会社エクス 市野秀仁さん」

  8. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜ブロードエンタープライズ 中西良祐さん〜

  9. 柔軟な働き方を自ら実践する女性社長に編集長が突撃取材!〜神野沙樹さん〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
  2. 女性活躍企業の女性社員に女子大生がインタビュー!~シナジーマーケティング株式会社…
  3. 発音インストラクターが教える通じないアルファベットの秘密
PAGE TOP