隙間時間を使って英語の発音をレベルアップ!発音インストラクターがそのコツ教えます


働く女性のみなさん、こんにちは!シェアリストの日野ゆう子です。
京都で英語発音のパーソナルトレーニングを行っています。

「英語をやり直したいんだけど、なかなかまとまった時間が取れない。」
「そもそも何から始めればいいのかわからない。」
英語の発音はそんなお悩みをご自宅やスキマ時間を利用してできる、忙しい方にもトライしやすいスキルアップのひとつです。
英語の発音は、リスニングやコミュニケーション力の基礎体力となって今後ずっと活躍してくれる縁の下の力持ち。独学でのスタート方法や注意ポイントなどお伝えしたいと思います。

「そもそも何のために練習するの?」をクリアにしておく

独学、スクールに通う を問わず、自分がそもそも何のためにこの練習をしているのか、自分に対して、目標を常にはっきりしておくことが上達への大事なステップです。

「これができるようになるために、自分は今この作業を行っている」
「こういうことがしたいから、この練習が必要、そのために自分は時間を使っている」

スクールに通っても、独学でも、「何かをしている状況」に安心をしてしまって、ただこなしているだけ、通っているだけ では貴重な時間もお金ももったいないですものね。

ときどき立ち止まって、この問いをしてみることで、「何かをしている安心感・満足感のための作業になる」「努力自体が目標になってしまう」「途中でなんとなくやめてしまう」という落とし穴にはまらず、効率よく練習を続けていくことができます。

いつもゴールを思い浮かべながら時間を使うようにしていきましょう。

発音練習の最初のゴールは?

では発音練習をするときのゴールはどう設定したらいいのでしょうか?
最初のゴールは「英語の音素を体に取り入れること」に設定するのがおすすめです。

英語の音素の種類は日本語の音素よりも多くあります。
例えばhappyとcutやboughtとboatの下線のは別々の音なのですが、日本語の音をバックグラウンドにもつ私たちはそれぞれア、オーと、ひとくくりにしがちです。ネイティブはそれぞれの音の違いを期待するので、それが原因でなかなか言葉が通じない、何度も聞き返されるといったことが生じてしまいます。音を日本語の音で代用してしまうことで起こる問題がたくさんあります。

英語の音素を体に取り入れ、まずは単語のアクセント部分(単語の一番目立つ部分-辞書でcat kǽt こう記されているところの点部分です)をその音で言えるようことを目指しましょう。伝わりやすさが格段にアップします!

■次のページへ>>>具体的な進め方は・・・

 


1

2

日野ゆう子(ひのゆうこ)
英語発音スクールCEPIO京都教室主宰

【プロフィール】
大学卒業後、日本語講師→英語やりなおし→英会話学校や大学サテライト授業にて英検・TOEIC等資格対策講師として勤務。結婚後、海外学術機関等をクライアントに古書選書コーディネート事業を立ち上げ12年間活動。学生~講師時代・業務を通しての悩みの種・発音を改善したい!とスクールに通い、その有効性に感動。同じ悩みを抱えた方々のお役に立ちたいと2013年より英語発音スクールCEPIO京都教室を開講。生徒さまお一人お一人のくせや状態にあわせた発音レッスンを行っています。
【働く女性の皆さんへ】
コミュニケーションを楽にするための英語発音のコツや英語やりなおしについての情報などをお伝えしていければと思っています!よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 銀行にお金を預ける時代は終わった〜プロが教えるこれからの資産運用〜

  2. 関西の働く女性による、関西の働く女性のためのサイト「Woo!」

  3. ある会社が行った働き方改革で、業務効率が20%アップ!さて、何をした?

  4. 将来のビジョンと言われても・・・未来を描きやすくする簡単なコツとは?

  5. 難しい目標も楽に達成するコツ〜妄想力を鍛える習慣をつけよう〜

  6. 多くのグループチャットを抱える方に朗報!チャットワークの新機能【ミュート機能】とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  2. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31

  3. 2/12(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実学としてのマーケティング」~…

    2019.01.25

  4. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15

  5. Woo!編集長高野の、2019年の決意−「今年はルーチンをどんどん壊そう」

    2019.01.08