大企業から一転、創業ベンチャーへ転職−ストリートスマート太田さんのしなやかな生き方


皆さんこんにちは。Woo!編集長の高野(こうの)美菜子です。本日は、ベンチャー企業ストリートスマートで働く太田眞由美さんにお話を伺いました。「自分たちから新しい働き方を創り出す」という意気込みに、働く女性の皆さんもパワーを頂けるインタビューとなりました。是非ご覧ください。

Chapter1.今の私

1-1:仕事について

ー現在はどのようなお仕事を?
経理、総務、人事オペレーションの構築など、会社のバックヤードにあたる仕事については今までに一通り経験させて頂き、現在は経理・総務の仕事を行っています。入社する前の採用募集情報には「営業事務募集」と書かれていたので「営業のサポートをしたらいいんだな」と思い入社したのですが、気づけば様々な仕事を経験することが出来ています。

1-2:現在の働き方や会社の雰囲気

ー現在のワークスタイルは?
フルタイムではありますが、一般的な会社に比べるとフレキシブルな働き方をしていると思います。

ーストリートスマートの風土や雰囲気は?
ストリートスマートは、働き方改革をサポートする会社ですし、また社長も小さな子どもがいますので、両立や働き方改革についてはかなり先進的だと思います。会社の働き方のみんなのご意見箱機関であるWorkStyleProject部門の発足や、働く場所をオフィスに限定しない働く場所の自由化、勤務場所だけではなく、時間帯や実働時間に縛られず自分のペースで仕事ができるフレキシブルデー、 子供の発病に伴う通院、看護を目的とした看業務でカフェなどを利用する場合はカフェ代を実費支給カフェ代支給、当人だけのためのカスタマイズした働き方をプレゼン提案し、 経営ボードで承認されれば個別の新しい働き方を実施できる制度、コーディネーターがプレゼン提案までをサポートする「私の働き方」コーディネート制度など…数えればきりがないくらい、様々な形で柔軟で新しい働き方を創り出す取組を行っています。

1-3:今感じるやりがい

ーどんな時にやりがいを感じる?
ベンチャー企業で働くのは、大変なことも多いですが一方でとても楽しいですね。何でも自分で調べて、乗り越えていく必要があるので、その度に自分の自信になっていくと実感しています。また社長の無茶振りも大変多いですが、それによって先を考えて動くこと、大局から考えることの勉強になり、以前よりも高い視野で仕事ができるようになっていると思います。
また「お給料を頂いているからには、その分成果を出さないといけない」と、今の会社に入って強く思うようになりました。自由を与えてもらっている分、ただやるだけではなく成果を出す。その気持ちで働くから、人は成長すると思います。もともと専業主婦なろうと思っていた私が、まさかこうなるとは…人生何があるかわかりませんね。

→大手企業から一転、創業ベンチャーへの転職…


1

2 3

関連記事

  1. 「こうあるべき」にとらわれず、 スキなことを全部やりたい女性のために。

  2. 「淡路島移住、海外視察」−Niesul神野沙樹社長のみんなが柔軟に働ける世の中を創り出す自由な生き方。

  3. 在宅ワークで世のママに働く選択肢をーフリーランスWEBデザイナー佐多愛美さんの挑戦。

  4. 「専業主婦から社長へ」−GRiP’S山川紀子社長の人の強みを見つけて伸ばすリーダーシップ。

  5. 「海外に出て、本当に大事なものが見えてきた」−ストリートスマート タイ支社で働く二瓶明さんが伝えたい思い。

  6. 「いくつになっても愛嬌ある女性でいたい」−栄水科学統括部長長村和美さんが学生に伝えたいこと

  1. イライラして、怒って、自己嫌悪になって…そんな日々の中に幸せはある

    2019.06.10

  2. 女性の生き方は、100人100色 – 働く女性も、専業主婦もどちら…

    2019.05.28

  3.  6月11日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第49回 6月講座 企業と…

    2019.05.22

  4. やりたいことをやるか、やるべきことをやるか

    2019.05.20

  5. わが子を「自立心を持ち、仕事を楽しむイキイキとした大人」へと育…

    2019.05.15