だてにはげてない対談−各分野で活躍する女性たちの凛とした生き方


皆さんこんにちは。Woo!編集長の高野(こうの)です。「だてにはげてない」でGoogle検索1位のすごい人、杉浦佳浩さんの周りで活躍する働く女性にインタビューする大好評企画「だてはげ活用術」。今回は、私の第二子出産復帰特別企画として、オフィス ブリエ代表木村元子さん、リトルムーンインターナショナル株式会社創業者の文美月さんとのフリートーク対談を行いました。ほんとにフリートークです(笑)

Chapter1.今の私たち

1-1:自己管理について

ー豪華な対談企画、産後ずっと楽しみにしていました!
:私も楽しみにしており、万全の状態で臨もうと思っていたのですが…先日首のヘルニアになってしまい(泣)普段はパソコンの前で長時間仕事をしますし、プライベートで長年続けているバスケットでは激しい衝突シーンも多く、体には相当な負担がかかっていたのもかもしれません。もう少し自分の体をいたわります。

木村独立すると会社が毎年定期健診をしてくれるわけではないので、自分で意識して健診に行くなど、自己管理が大切ですよね。杉浦さんはいつお会いしても健康でお元気そうですが、やはり普段から何か意識されているのでしょうか?

杉浦:僕はヘルニアや持病はなくいたって健康です。現在、月に1度お灸をしに行っていますが先生から「あなたは健康だからもう来なくてもいい」と言われる始末です。

ー心身ともに健康が大切。では心を健康に保つ秘訣は?
木村:私は「自分がどうすれば豊かになれるのか」を知るために、コーチングを習い始めました。今はその知識があるので、モチベーションの波がきても、感情をマネジメントできるようになりました。

杉浦:落ち込む前が感覚として分かるようになりますよね。

木村:はい。「モチベーションが下がってきている」と感じることがあったとしても、その状態を作っているのは他でもない自分自身です。上司でもなく、お客様でもなく、同僚でもなく、家族でもなく、「私」なんです。うまくいかないとき、人は大抵無いものやうまくいかないことばかりに焦点をあてている。でも、視点を変えれば、出来ているところや満たされているものはたくさんあるわけです。
また結局は、モチベーション維持の根幹は「感謝する気持ち」ですよね。「だてにはげてない」の以前の対談で杉浦さんが定期的にお墓参りに行かれているという話になりましたが、対談の後「お墓参りに行き、感謝の気持ちを常に持っている人は成功しているし、豊かな人生を歩んでおられる」と改めて思いました。杉浦さんは、今でもお墓参りを続けておられるのですか?

杉浦:はい。といっても大したことではないのですが…毎月お墓に行き、その月の報告をしていますが、その度に「まだまだ足りてない。頑張らないと。」という気持ちになり、やる気が湧いてきます。また最近は、自分のご先祖以外の周りのお墓にも水をかけるようになりました。
かれこれ40年お墓参りをしていると、周りのお墓がまるでご近所さんのように感じてきました。何だか毎回無視するのは申し訳ないので、全く関係ないお墓にも「いつもお世話になります」という気持ちで水をかけています。ただ両親からは「毎月墓参りに行くなら、生きてる親にも毎月会いに来い」と言われます(笑)

実はみんな、大きな挫折を経験をしていた…


1

2 3

関連記事

  1. 女性たちが多様な幸せを歩める未来を目指して−女子未来大学猪熊真理子さんの自分で人生の舵をとる生き方

  2. 自分の意見が商品に反映される歓び−WSPで働くワーママ山中美紗恵さんの挑戦

  3. 自分探し、転職、独立−FAITH小川由佳さんにみる「天職に出逢う生き方」

  4. 自ら発信し、チャンスを掴む−シナプスイノベーションで働くKさんのパワフルな生き方

  5. 周りを幸せにするおせっかい−Truth笹西真理社長が語る”0から1を創り出す”生き方

  6. 「学生だからと萎縮しないで」−エクスで働く長谷川由利子さんが3年目の今、思うこと

  1. 発音インストラクターが教える!日本語発音の癖を速攻で取る方法と…

    2018.04.23

  2. 5/23(水)ぷちでガチ!育休MBA講座「仕事でも家庭でも育児でも使える…

    2018.04.20

  3. 育休中の学びを仕事に活かす! キャリアカウンセラー資格の活用実例

    2018.04.16

  4. 芽を伸ばす育成 その要素は3プラス1

    2018.04.09

  5. 育児休業期間中に何をする?私のおススメは・・・

    2018.04.06