直感を信じ、まずやってみる−トップセールスであり女性バイクライダー、北村保奈美さんのかっこよすぎる生き方。


皆さんこんにちは。Woo!編集長の高野美菜子です。今回インタビューさせて頂いたのは、平日は会社の営業マンとして働きながら、週末はバイクのライダーとしてサーキットを疾走する北村保奈美さん。常識にとらわれず、自分の信じた道を歩み続ける北村さんの生き方に迫ります。

Chapter1.今の私

1-1:北村さんの現在のお仕事について

ー現在の北村さんのお仕事は?
現在は、株式会社ポートという会社で働いています。ポートは、フレグランスディフューザー、レンタルマット、清掃用品などのレンタル事業を手がける会社で、私はフレグランス営業部に所属しています。「香りの空間演出の提案」を企業や個人のお客様に対して行い、フレグランスディフューザーを置いて頂くのが私の仕事ですね。 プライベートに関しては、週末になるとサーキットのバイクレースに出場し、会社のロゴの入った革つなぎを着て走っています。その様子を自分のSNSにも投稿しているので、お客様からは「北村さんはレーサーとして会社に雇われている」と思われていることも多く…営業に行くと「本業のバイクレースがあるのに、平日は営業までやらされて大変だね」と言われることもあります(笑)

1-2:北村さんのプライベート

ープライベートはバイク一色なの?
そうですね。去年は、バイクレースと同時並行で着物の着付け免許の講習にも通っていました。静かな落ち着いた空間で着物の講習を受けた後に、爆音が鳴り響くサーキット場でタイムを競うという…振れ幅が大きすぎて頭の切り替えが大変な時もありましたね(笑)おかげさまで着付けの免許は無事に取得できたので、今年は出場するバイクレースを去年よりも増やし、ますますバイク一色な週末を過ごしています。

ーバイクの魅力ってどんなところ?
サーキットでのレースですね。バイクに乗り始めた頃は、街中で乗ったり、山道にツーリングに行くことがメインでした。それももちろん楽しかったのですが、数年前に初めてサーキットを走った経験が、あまりに衝撃的、かつ感動的で。「こんなに広い道を、対向車もなく、スピード全開で走れる…なんて気持ちがいいんだ」と(笑)、以来完全にサーキットの魅力にはまってしまいました。アクセル全開で、凄まじいスピードで走るのは気持ちがよくスカッとしますし、結果がタイムという形で目に見えるところも魅力の1つですね。

ースピード全開…サーキットでは最高何キロくらい出すの?
1000ccだと、最高で250km/hは出ます。アドレナリンがすごいですね、まさに興奮状態。これはサーキットで走る経験をした人でないと味わえない世界だと思います。 ただ、女性レーサーの割合はあまり多くなく、サーキットに走りに行ってその日1割いればいい方。たまに男性の方から「抜かれた!と思ってパッとみたら、髪がなびいているから女の子に抜かれたと分かって余計悔しくなった」と言われることもあります(笑)

→子ども時代から仕事とバイクの生活になるまで…

 


1

2 3

関連記事

  1. だてにはげてない対談−インバウンド業界で活躍する井野良子さんのチャレンジ。

  2. 「専業主婦から社長へ」−GRiP’S山川紀子社長の人の強みを見つけて伸ばすリーダーシップ。

  3. 大企業から一転、創業ベンチャーへ転職−ストリートスマート太田さんのしなやかな生き方

  4. 就活で選考を受けたのは1社だけ!−シナジーマーケティングで働く樽井みずきさんの思いを貫く生き方。

  5. 自分のやりたいことに正直にーエスキャリア八木澤さんの「みんな違ってみんな良い」を体現した生き方

  6. 会社の倒産から労務の道へ−PALで働く平田妃沙さんが様々な会社を経験した先に見つけたもの。

  1. ドキュメンタリー映画『みんなの学校』を観て~”育てる”ことについ…

    2018.10.09

  2. 11/19(月)参加費無料!サイボウズ青野慶久社長講演会「経営戦略と…

    2018.10.05

  3. 10/21(日)組織の枠を超えた”メンター””ロール…

    2018.10.03

  4. 10/19(金)「働き方2.0〜これからの働くを考える〜」イベント@大阪

    2018.09.28

  5. 10/9(火)ぷちでガチ!育休MBA講座優れた起業家の思考法「エフェクチ…

    2018.09.21