娘を持つワーママに見てほしい!映画「Maiko ふたたびの白鳥」の見どころ


働く女性の皆さんこんにちは。Woo!ネタリストの湯本理絵です。(Woo!では定期的に働く女性にオススメな映画ネタをご紹介しています。)ノルウェー国立バレエ団で東洋人初のプリンシパルとして活躍する日本人女性西野麻衣子さん。ダンサーという職業は出産後やめてしまう人も多い中、妊娠出産を経て現在も第一線で踊り続ける彼女のドキュメンタリー映画Maiko ふたたびの白鳥」が全国で公開されています。ワーキングマザーにはおすすめ!特に娘を持つワーママに見てほしい!この映画の見どころを今回は3つに絞ってご紹介いたします。

1.主演の西野麻衣子さんってどんな人?

2106.3.14 12時写真①

西野麻衣子さんは15歳の時に親元を離れてバレエの名門、英国ロイヤルバレエスクール留学後、19歳でノルウェー国立バレエ団へ。25歳で東洋人初のプリンシパルとなり、オペラハウスで芸術監督をつとめるノルウェーの男性と結婚・・・

と、ここまでの紹介だと華やかな経歴で遠い存在のように思うかもしれませんが、彼女は大阪出身。映画でもお母さんとの会話シーンではバリバリの大阪弁でテンポよく話しておられ、関西女性としては一気に親近感を持ちました。

この映画では働く女性として、母として色々な想いに揺らぎながらも向き合いバレエの中でも難関とされる「白鳥の湖」の主演での育休復帰に挑戦します。

夢のためには周りの応援を感じ、その応援に報いたい!という思いが込められているようでとても印象的です。

ちなみに主演の西野麻衣子さんは日経DUALでもインタビューが紹介されています。
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=7959

2.見どころ①「母になりたい」と「キャリアを継続したい」の間で揺れる女性

2016.3.14 12時写真②

麻衣子さんは「いつかは子どもを持ち、母になりたい」と思っているし、遠く離れる日本の母親からも子どもを持ち家族を作ることを勧められるのですが、1年先の公演予定も決まっている、第一線で活躍するバレリーナとしてはキャリアを積み、もっと踊りたい!という思いも強い。

・・・どちらも大切、でもいつがベストタイミングなんだろう…?

また思いがけず妊娠が分かり、一旦舞台を離れた時の麻衣子さんの表情。代役がやってきて自分が出演するはずだった舞台を見て「・・・今は出演できない」わかっているけれど感じるモヤモヤ。

こんな揺れ動く思いに思わず共感する方も多いのでは?

また時折出てくる、麻衣子さんの母、伊津栄さんの言葉は自分の母と重なるところや娘を持つ母として、自分はどうなんだろうか?と母娘関係コミュニケーションについても考えさせられました。

次のページ>>> 育休復帰作として麻衣さんが演じたのは・・・


1

2

WLBC関西 湯本 理絵
働くのも育てるのも、もちろん自分のことも大切!一緒に楽しみましょう♪

関連記事

  1. 女性の海外一人旅は危険なの?安全に楽しめるポイントは?

  2. 身近な働く女性が実践するストレス解消法〜どうやって発散してる?〜

  3. バリキャリ思考の働く女性は、全体の1割しかいないという事実。

  4. 忙しい働く女性も隙間時間で英単語を暗記できるオススメ方法!

  5. 10年前とちっとも変わらないどころか、むしろ若返っている – 若さの秘訣は何?

  6. 簡単には折れない、自分の軸の見つけ方のポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. after/ withコロナ時代のパラレルキャリア私論

    2020.09.03

  2. 【女子未来大学:オンライン開催】9月27日(日)withコロナ時代のパ…

    2020.09.01

  3. 【オンライン開催】9月5日(土)第62回ぷちでガチ!子連れMBA講…

    2020.07.30

  4. 大手製造メーカーに新卒入社、10年目で労働組合へ | メンターに相談…

    2020.07.22

  5. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンター…

    2020.07.02