デキる女性の新常識〜SNSリテラシーの基本とは?〜


3こんな内容は危険です

Relax with a smartphone and coffee

私が、これどうかな?と思った例は以下の通り。

①肖像権系
■駅で人がたくさんいる様子を写したもの、そこにいる方のお顔がはっきり映っている。→仮にその中に不倫カップルがいて、写真が原因で離婚訴訟になって多額の慰謝料をお支払いになった場合、あなたは責任を取れますか?
■高校生の子供さんの寝顔を隠し撮りし、面白おかしく加工したもの。→思春期の子供さんはナイーブです。子供のころならOKだったことも、そうでなくなっているかもしれません。必ずご本人の許可を取りましょう。
■女の赤ちゃんの入浴中の写真。大事なところがしっかり映っている。→その赤ちゃんが思春期を迎えたとき、好きな男性に見られても恥ずかしくないでしょうか。また、女児を好む成人男性を喜ばせても平気ですか?

②防犯系
■今から家族全員で海外旅行に行って来ますという書き込み。→空き巣に入ってくださいといっているようなものです。
■家で手元にある現金数十万円の写真。→自宅に現金があるなど、絶対に他言してはなりません。
■小学生の子供さんのお顔と併せてフルネームが映りこんでいる写真。→今時の誘拐犯は「○○ちゃんだね。お父さんが入院したから病院へ連れて行くようお母さんから頼まれたよ。」といって連れ去ります。

③悪口系
■自分の上司はいかにデキが悪いかを綴った内容。→自社の価値を落とすのは、自分の首を絞めているのと同じこと。
■パーティの最中に「このパーティ楽しくないから帰りたい」という書き込み。→もし主催者が見たら傷つきませんか?
■イベント会場で主催者が分かる写真を載せ「会場はガラガラです」とのコメント→その会社の方が見たらあなたのことを軽蔑するでしょう。

4.他に気をつけるべきこと

XZK6ZZW66F

例えばプライベートが充実していますとか、高価なものを買いましたとか、家族旅行から帰ってきました等は、人を傷つけたり、犯罪に巻き込まれたりする可能性は低いため、ご自身の判断でアップしても大丈夫です。
周囲の方から妬まれることはあっても、それは妬む方の心が貧しいだけ、と私は思っています。芸能人でない限り、炎上することも考えにくいでしょう。

それよりもSNSで恐ろしいのは、アップした内容が自分のイメージを作ってしまうこと。

例えば2週間に1回の頻度でお酒の席での写真をアップし、他の内容は発信しなかった場合、周囲からは「あの人、毎日呑んでいる」と取られてしまうことがあるのです。それが会社や、ご近所の方の間で噂になっても大丈夫か、という配慮も必要です。
後々、いやな思いをしないため、発信する内容には十分気を配りましょう。

■YUKOさんのホームページ・ブログはコチラ
ホームページ http://intermanner.com/
ブログ http://ameblo.jp/intermanner/


1

2

インターマナー 代表/ワークスタイル・アドバイザー 渡邊優子
「幸せな働き方」をご提案する企業研修講師。受講してくださったすべての方を幸せにするため、今日も日本全国で奮闘中!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 今年の新入社員「サイバー世代」を戦力に育てる3つのコツ。

  2. 京都の穴場のオススメ紅葉スポット「光明寺」をご紹介!

  3. チャットワークエモーティコンに隠れキャラが!?その誕生の秘密とは

  4. 理想と現実のギャップに悩んだ時に、スパッと吹っ切る効果的な方法とは?

  5. 簡単さつまいもレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. 参加費無料!2/20(火)ダイバーシティ研究環境実現キックオフシンポジウム「南近畿からの発信:女性研究者の地平を拓く、未来を創る」@大阪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 女性部下育成研修に参加する上司から感じられる、例年にない変化に…

    2019.08.20

  2. 10年前とちっとも変わらないどころか、むしろ若返っている – …

    2019.07.31

  3. 8月23日(金)、9月25日(水)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第51回・52回…

    2019.07.17

  4. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「…

    2019.07.04

  5. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21