働き方変革シリーズVol2.知っておこう!在宅ワークの思わぬ落とし穴


Woo!の読者の働く女性の皆さん、いつも記事をご覧頂き、本当にありがとうございます。Woo!を運営する株式会社ナチュラルリンクの高野(こうの)美菜子と申します。
今回は、働き方変革シリーズ第二弾!です。( 働き方変革シリーズVol1.私が働き方を変えると決めた決定的な理由はこちらをご覧ください。)

1 約5年前からクラウドワークを取り入れてきました

ojxhdwmwv9

最近は、大手企業も在宅ワークやクラウドワークを積極的に取り入れていますが、私たちナチュラルリンクも、約5年ほど前からクラウドワークを進めてきました。

きっかけは、共に会社を立ち上げた前本の妊娠。

妊娠中のつわりや、出産後に出社できなくなる期間でも、いつでもどこでも仕事ができるようにする体制づくりが急務になり、今や世界中で113,000社に導入されているビジネスチャットツールのチャットワークをいちはやく導入しました。(ちなみに、現在チャットワークのエバンジェリストでもあります)

また私の出産を機に事務所も一旦引き払い、現在は私も、前本も、インターン生も、みな在宅ワークメインで仕事をしています。(事務所は大阪の西区に存在はしていますが、打ち合わせで使用する程度です)

在宅ワークメインで仕事ができるのは、私たちの業務内容が、

・企業に出向く研修、講演がメイン
・関西の働く女性による、関西の働く女性のためのサイト「Woo!」運営

なので、事務所を必要としないという理由も大きいと感じています。

さらに来年は、サイト「Woo!」の運営に力を入れ、会社の収益構造自体も、研修や講演の労働集約型からサイト運営による広告収入をメインにできるよう変えていく予定です。
(個人的には書籍出版にも力を入れて、印税生活の足がかりができないかなと思ったり…甘すぎる…!爆)

2 在宅ワークには、思わぬ落とし穴があった…

3rwiol09qm

ただ、この在宅ワークには、大きな落とし穴があります。それは「際限なく仕事が出来てしまうので、逆に超ワーカホリックになる可能性がある」という点です。

在宅ワークには、
・通勤にかける往復時間が無くなる
・台風や天災で交通機関がまひした時でも、問題なく家で仕事ができるようになる
・働くママは、早朝や子どもを寝かしつけた後など、空いた時間で自由に仕事ができるよう
になる
といった、多くのメリットがあります。このことにより、仕事を効率よく行うことができ生産性を高めることができます。

ただし一方で、いつでもどこでも仕事ができるので、がむしゃらに仕事をし過ぎる傾向にある人にとっては、夜中まで際限なく仕事をしてしまったり、会社から早く帰宅して、その分家で仕事をしてしまうことが起こりえます。

結局、毎日長時間残業しているのと変わらない、またはそれよりひどいかもしれない…。

怖いのは会社で残業をしているわけではないので「本人にはワーカホリックの意識はまったくない」こと。むしろ、自分の時間を有意義に使い、効率よく働けている錯覚に陥ってしまうことです。

働く女性の皆さんにお話をお聞きしていると、

・新たに役職についたので仕事に慣れておらず、家に仕事を持ち帰っている
・後輩女性のためにも、自分ががしんどそうに残業や仕事をしている姿を見せるわけにはいかないので家で仕事する
・時短で働いて、帰宅して子どもが寝静まった夜中に仕事をしている

という方の話もよく聞きます。

何を隠そう私もそうでした…。

約1年前にWoo!を立ち上げたばかりの頃は、毎日バグや不具合が起こり、コンセプトや方向性も定まらず修正しまくり、また記事が思うように集まらないことも多く、夜中までサイトにかかりっきりな日々が続きました。

18時に保育園に子どもを迎えに行って帰宅しても、すぐにパソコンを開けて仕事をするのが当たり前。(子どもは認可外保育園に預けているので、晩御飯も保育園で食べさせてもらっていました)

その頃夫からよく「夜寝てる時、ずっとうなってるで、悪夢でも見てるんちゃう?」とよく言われていました…(笑)

特に私の場合、育児と仕事の両立に慣れてきた頃から時間の使い方が怠慢になりはじめ、復帰したての頃はとにかく「時間が無い、生産性、効率化」と思っていたのに、気がつけば

・子どもが寝静まってから仕事すればいいやん
・平日に終わらんかった仕事は、土日にやればいっか

と、どんどん気が緩んでいく事態に…そしてとうとう、大変なことが起こりました。

次のページ>>> 私を襲った大変な事態とは?チームへの悪影響も…


1

2

髙野美菜子(こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
「働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に」の思いのもと、仕事に育児に日々必死(爆)2人目出産をきに、今までの研修・講演事業から脱却し、Woo!に事業モデルをシフト。いつでもどこでも、時間と場所の制約なく働ける働き方を自らの会社を通して実験中です!
【働く女性の皆さんへ】
生き方や働き方は人それぞれ。「こうあるべき」は無いと思います。全ての人たちが、自由に自分らしく生きていける世の中を目指して、私も頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 3/27(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「自分が育つための人事評価を考えてみよう~復職者のための人事評価~」@大阪・京都・神戸

  2. 多様化する働き方~「複業禁止」でも「仕事と子育ての両立は支援」って、疑問に思いませんか?~

  3. 女性に「クラウドワーキング」をオススメする理由やメリットについて。

  4. 女性活躍企業のご紹介〜在宅ワークや柔軟な働き方ができるFCS〜

  5. 男性陣を否定しているうちは、女性活躍は進まない~ナチュラルリンク高野の独り言~

  6. 会社初育休取得男性に編集長が突撃取材~平岩公認会計士事務所 平岩雅司さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 5/23(水)ぷちでガチ!育休MBA講座「仕事でも家庭でも育児でも使える…

    2018.04.20

  2. 育休中の学びを仕事に活かす! キャリアカウンセラー資格の活用実例

    2018.04.16

  3. 芽を伸ばす育成 その要素は3プラス1

    2018.04.09

  4. 育児休業期間中に何をする?私のおススメは・・・

    2018.04.06

  5. あなたのチャレンジを応援する人をつくるための「大切なコト」とは

    2018.04.02