気になる記事をClick!

ノロウイルスから家族を守る方法~神戸の情報発信サイト「月とみのり」~


働く女性の皆さん、ママさん、こんにちは。
神戸を拠点に2008年から産院のキッチンで働くチームとして活動をされている「みらいたべる」さん。
その中で、産み育てるための食事「産育食」を広く伝えるために「月とみのり」というサイトを運営されています。
素敵な記事の中から今回は「ノロウイルスについての記事」をご紹介します。

1 ノロウイルスの症状

1-16-1

ノロウィルスは感染性胃腸炎を引き起こします。主に経口感染、つまりウィルスの付いた食品を食べるなどして口から入り込み、嘔吐・下痢・腹痛などを起こします。
そうして1~2日経つと治っていきますが、その間に大量のウイルスが対外に出、そこから新たに感染する人が多いのも特徴です。

お腹を下したり吐き戻したりするのがはつらいですが、1~2日で治るならそんなに大きな病気ではないのかな…なんて印象ですが、違うのです。

健康な成人では数日間で治癒していきますが、お年寄りや子ども・赤ちゃんなどは注意が必要。
子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。
(ノロウィルスに関するQ&A|厚生労働省)

-本文より

特に赤ちゃんやお年寄りなど体力が弱い人は注意をしなければならないのですね。
また、家族からうつることも大いにあり得ます。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

2 家族がノロウイルスに罹ってしまったら

1-16-2

要するに…
1:まず、ビニール袋に次亜塩酸ナトリウム希釈液を入れておく
2:使い捨てのエプロン・手袋・マスクをつける
3:便や吐瀉物をペーパータオルなどで飛び散らないよう静かに拭き取る
4:さらに次亜塩酸ナトリウム希釈液で拭き、水拭きする
5:使用したものやオムツなどを最初のビニールに入れて、密閉して捨てる
6:しっかり換気する
ということですね。

乾いてからも空気中を漂って感染するというのもポイント。スピードが求められるので、処理に必要なものをあらかじめ用意しておくと安心かもしれません。
(略)
他には、熱湯での消毒も可能です。
-本文より

徹底的に消毒し、罹った家族から排泄されるものには絶対触れないようにする。
できれば、部屋も別にした方がいいようですね。

■次のページ>>>罹ると恐いノロウイルスの予防方法とは…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 1/24(火)育休ママ向けセミナー〜ぷちでガチ!育休MBA講座「ビジネスと経済」@京都〜

  2. 〜今話題の「産育食」とは?〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」

  3. 驚きの出産体験記〜赤ちゃんが無事に生まれるのは奇跡なんだ〜

  4. 働き方変革シリーズVol4.産休中にステップアップする方法

  5. 孤育てを防ぐ「きずなメール」のすすめ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. バリキャリ・ゆるキャリはもう古い?注目のフレキシブルキャリアとは?

  7. お洒落なお雛様オススメ3選〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  8. 子育でイライラする理由と、正しい対処について〜子育て研究家の解説〜

  9. 働くお母さん、ワーママに女子大生が突撃取材!~株式会社WSP 山中美紗恵さん~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP