気になる記事をClick!

働き方変革シリーズVol5.自分や会社の価値をあげる方法

natural-link(Woo!編集部)

natural-link(Woo!編集部)

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、"働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に"という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。


働く女性の皆さん、学生の皆さんこんにちは。Woo!を運営するナチュラルリンク高野です。今回は働き方変革シリーズ第5弾!テーマは「自分や会社の価値をあげる方法」についてです。

1 無駄を省くと共に考えるべきこととは?

21-1

今回は、営業や企画などの仕事についていたり、フリーで仕事をしている方と共有できればいいなと思った内容です。

働き方を変え、効率良く働くことを目指す際、まず思いつくのは「無駄を徹底的に省くこと」だと思います。

無駄な仕事を捨てたり、無駄な会議をやめてみたり、働く時間を制限してみたり、ミスを無くすためにマニュアルを再度見直してみたり…

そうすることで、仕事を効率よく行うことができ、短い時間で今までと同じ仕事量をこなすことがある程度できるようになります。

ただ、無駄を省くことには限界がありますよね。

私も会社も以前からITツールを導入して、定型業務に関しては可能な限り効率よく働けるよう工夫していましたが、一方で営業活動については、あまり改善せずとにかく必死で行っている状態が長く続いていました。

というか、仕事を頂くには、必死で営業をするしか無いと思い込んでいました。

この考え方は、私が出産して今までのように営業ができない追い込まれた状況になって初めて変わったのですが、無駄を省くことと同時に考えなければならないのは、どのようにして効率よく売上を上げ続けられるか。

それには、「無理な営業をかけなくても、自然と問合せや依頼が増える状況を作ることが必要だ」と気づいたのです。

 

2 ある中小企業の事例

21-2

先日、このような記事を見つけました。


吉原精工、目指すは完全週休3日
社員わずか7人という中小企業が残業ゼロに成功している。経営者がトップダウンで作業工程や就業形態を見直し、残業代を基本給に組み込んだ結果、社員の年収は600万円を超え、優秀な人材の定着につながっている。

吉原精工は創業36年の町工場。基本労働時間は8時半―17時で、1日7・5時間。週休2日制で、年末年始やゴールデンウイークは連続10日間を休む。さらに賞与は2013年から継続して社員全員に夏・冬とも100万円を支給する。

約20年前までは残業が常態化していた。22時までの残業は当たり前で、吉原博会長は「たくさん機械を動かすことが収益を確保する方法だと信じていた」と振り返る。

ある日、社員に22時以降の残業を頼んだが、拒否された。「初めは憤ったが、経営者が社員の残業を当てにしていた」と吉原会長は反省した。その頃、近所にラーメン店がオープンした。19時頃に訪れたが「スープがなくなったから終わりです」と言われた。翌日から早く店に行き、3日目にしてようやく食べられた。この経験から吉原会長は「良い商品を提供すればお客さんが合わせてくれる」と気づき、労働時間の削減に挑戦した。

取り組んだのは、就業時間内でできる仕事を時間内で終わらせる教育だ。「残業を前提にすると仕事が遅くなる」と考え、従来の残業代分の賃金を基本給に上乗せし、代わりに残業をゼロにするよう指示した。「経営者側もリスクを負うことで、従業員も熱心に取り組めた」と話す。

これに加え、生産能力の高い社員と低い社員の違いを研究し、分析した。この結果、「できる社員は作業の先を読み、次の仕事の準備をする」と結論づけた。できる社員のノウハウを全社員で共有し、全員で作業の無駄を排除していった。

納期が数日以内という“特急”の受託案件もある。対策として、17時から深夜1時まで働く代わりに、週休3日制(日・月・火曜日)を取り入れた夜間専門職を1人採用。残業なしで特急案件に対応できるようにした。他の社員は、土・日が休日のグループと、日・月曜日が休日の2グループに分け、完全週休2日を実現した。

かつて80時間から100時間もあった月間残業時間は、06年度にはほぼなくなり、10年度からは完全に「残業ゼロ」を実現した。日本社会全体で働き方改革が叫ばれる中、次に目指すのは全社員の週休3日制だ。「ここまで10年かかったが、なんとか実現したい」と吉原会長は意気込む。

2/4 Yahoo!ニュース「社員7人の町工場、残業ゼロで年収600万円超!ヒントはラーメン屋に」より抜粋

大変勉強になる記事でした。

「良い商品を提供すればお客さんが合わせてくれる」

ここを目指していきたいですが、なかなか一朝一夕に出来るものではありませんよね。私も日々試行錯誤中ですが、実は常に意識して心がけていることがあります。

■次のページ >>>私が常に意識して心がけていることは「●●●な存在になること」・・・


ページ:

1

2

関連記事

  1. 24歳で起業した司法書士立石和希子さん〜だてはげ活用術対談vol.2〜

  2. 育休復帰後、部署や本人の不安や不満を解決するために最も大切なこと

  3. 赤ちゃんの姿を永久保存できる3Dフィギュア〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  4. やっちまったの連続。ドタバタ育児も笑い飛ばして楽しくいこう!

  5. オススメ本「家族ノマドのススメ: 好きなときに、好きな場所で暮らす生き方」

  6. アラサー働く女性インタビュー〜仕事も家庭も充実させるキャリアの築き方〜

  7. 大阪ママボノチームがWoo!編集長高野へ突撃取材〜ワーママのためにできること〜

  8. 女性活躍の第一線で走り続ける女社長に女子大生が突撃取材!~ナチュラルリンク 高野美菜子さん

  9. 7/31(日)女性向けセミナー〜週末起業で新しいキャリアを作る!@大阪〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. 仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方
  2. ママ友を無理に作る必要、ある?~ナチュラルリンク高野の独り言~
  3. 10/26(木)ぷちでガチ!育休MBA講座「金融最新事情~支払いの未来を考える」…
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP