こんな女社長がいても、いいんちゃう?~ナチュラルリンク高野の独り言~


いきなりだが、「女社長」に対する世間のイメージは、結構固定化されているように思う。

1 女社長と聞いて、どんなことをイメージする?

女社長と言うと…


・バリバリガンガンのスーパーウーマン
・めっちゃ怖い
・全国飛び回ってる
・子どもはベビーシッターに預けて仕事三昧
・家事はほぼ外注
・とにかく超人

私も、いわゆる女社長だが、20代(27歳)で独立したということもあって、余計に「バリバリ」なイメージを持たれることが多い。

でもそれはある意味仕方がないことだと思う。

人は何かとレッテルをはってしまう生き物だから。

アメリカ人は、毎日ピザ食べてるんでしょ?
インド人って、毎日カレー食べるんやんね?
(本当にそうかもしれないけど)

的な感じと一緒、多分。

でも、世間の方が持つ私のイメージが、実際のものとは随分かけ離れていることを先日知ったので、「本当は私こんな人なんです」ということをちらっと書いておこうかなと思う。
(誰が興味あんねん…)

今の私は、バリキャリ志向ではなく、
「できれば楽したいし、会社は大きくしないし、事務所もいらないし、ゆるくガッツリ稼げる方法を見出したい」と思っている女社長だ。

社員を増やし会社を大きくしながらも、ゆるくガッツリ稼ぎ休みをしっかり取れるという会社の運営方法もあるとは思うが、

少なくとも、今の私の器と会社の状況では無理だ。

だったら潔くそこは諦めて、背伸びせず、
自分の能力にあった範囲内でやっていこうというのが今の私の考え方。

かといって「ゆるく起業しましたー」とか、「セレブなライフスタイルしてまーす」というのをウリにしている、最近流行りのキラキラ系女社長とは、頼むから、一緒にせんでくれとも思っている。

私は起業に対しては真剣なので(その人達も真剣だろうけど)、ゆるゆるではなく、

かといってバリバリでもない。

そして育児は、自分の手で結構やりたい派。

何かを捨てて何かを選ぶのではなくて、自分が大事なものどれもを、うまい具合に手に入れたいという、わがままな感じが、今の私なのだと思う。

2 180度違う状況で走り抜けたからこそ、気づいたことがある

 

今はこんな風に思っているが、以前はまるで違った。

…というか、真逆だった。

私はこうみえて(ってどうみえてるんだろう)
「周りからできるやつだと思われたい」という意識がかなり強い。

逆に言うと「あいつはできないやつ」と思われる状況は、想像しただけで恐ろしく、多分、死んでしまいたくなるくらい辛い。

だから、常に周囲の期待には全力で応え、周囲が驚くことをしたいという気持ちで生きてきた。(今は、以前よりはだいぶマシにになったとはいえ、全くこの意識が無いわけではない。)

そうすることで、自分を追い詰め過ぎて苦しくなったり、「優等生であらねば」と気持ちの行き場がなくなり逃げ出したくなることがあっても、「できないやつ」と思われるよりは何百倍もマシ。

まぁ、20代で起業したという時点で、「わー起業したの!?すごいね!」と周りから思われたい感丸出しやわな。

だから自分の中では、

・常に上を目指すこと(現状で満足しない)
・成長速度やスピードを緩めないこと

が、いわば強迫観念のようになっていた。

そして30歳になる頃。

知り合いの女社長が、立て続けに出産した時期があり、当時お世話になっていた男性の社長がこうおっしゃっていた。

「あいつ、出産するまではバリバリやってたのに、出産した途端ころっと変わったよな。フェイスブックも子供の写真ばっかりやし、会社よりも育児のほうが大事らしい。もったいないよなーあんなにガッツあったのに。でも女性ってそういうとこ結構あるよな。」

…そんなこと私に普通に言ってますが、目の前にいる私も女性ですけど…

という指摘はさておき(そのくらい女として見られてなかったし、むしろ女の部分を出すまいと意識していた)

その男性社長も悪気があって言っているわけではなく、言ったことも忘れているくらいだと思う。

でもその言葉が、当時の私の心にぐさっとつき刺さった。

「そんな風に思われるなら、私は子どもを産んでも、絶対そうはならん。仕事に生きる姿勢は変えない。」

だから長女を出産した時は、実際1ヶ月で仕事復帰したし、なんなら出産した日に徹夜で電子出版出版した。(完全に自分のスケジュール管理ミスなのだが。そして出産と出版は絶対同日にやるべきではないという大事な教訓を得た)

もちろん、出産をきっかけに、無駄を捨てて効率よく働いたり、ITツールをフル活用するなど働き方を大きく変えてきたが、それでもかなりの時間働いていたことは事実だ。


・保育園のお迎えがあるので残業はしないけど、土日はずっとパソコン
・泊まりの出張はしないけど、子どもが寝たらずっとパソコン
・家族の旅行にももちろんパソコンは持参

という感じ。

夜中の授乳で毎日睡眠不足、そして育児に、家事に、仕事に…
常に頭は休むことがなかったので、

連休になると決まって体調を崩し、
家族で温泉旅行に行くと必ず熱を出し、
1人でいるとき、急に涙が止まらなくなったり、
挙句の果てにはパソコンを開けたら吐き気、仕事のことを考えると頭痛がする状況にまでなった。

完全に限界だった。

それでも、それでも、必死で働き続けた。

もちろん、仕事が面白く、やりがいがあるというのもあったが、「あいつ、出産前まではガッツあったのに、出産したらあかんわ。」と思われたくないという強迫観念がかなりあった。

■次のページ >>> 何やってるんだろう私…何かが音を立てて崩れた瞬間…


1

2

裏・髙野美菜子(うら・こうのみなこ)
株式会社ナチュラルリンク 代表取締役 / Woo!編集長
【プロフィール】
髙野美菜子(こうのみなこ)の本音の独り言を書いています。実は一匹狼で、外に出るより家でじっとしていることが好きで、こよなく自由を愛する性格で、時よりブラックサイドが出ることもあります。

関連記事

  1. 4/17〜育児と仕事の両立をめざすママへ!参加費0円「WEB広告運用者養成セミナー」@大阪

  2. 育休復帰後、部署や本人の不安や不満を解決するために最も大切なこと

  3. ノロウイルスから家族を守る方法~神戸の情報発信サイト「月とみのり」~

  4. 政府がついに副業を容認!働き方改革で女性の働き方はどう変わる?

  5. 「社内初の産休・育休取得管理職の方に女子大生がインタビュー! 株式会社イムラ封筒 山口有理さん」

  6. マタニティブルーな妊婦さんにオススメの本〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15

  2. Woo!編集長高野の、2019年の決意−「今年はルーチンをどんどん壊そう」

    2019.01.08

  3. 1/21(月)ぷちでガチ!育休MBA講座「ビジネスクリエーション~マーケ…

    2018.12.25

  4. 12/15(土) 女子学生のためのキャリアデザインセミナー「何がしあわ…

    2018.12.07

  5. 12/4(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実は身近な経済学~”お金”の仕組…

    2018.11.16