気になる記事をClick!

ベンチャー企業で働く女性に編集長が突撃取材!〜中川亜紀子さん〜

akky

akky

グッドマネジメント総合研究所 
CCO(Chief Communication Officer)中川亜紀子


Woo!ネタリストの中川亜紀子さんさん。見た目は柔らかくて、女性らしくて、ふんわり癒し系。でも実は体育会系で「どこにそんなパワーがあるんだ!」と周囲が驚く程の行動力と巻込み力を持っている。そのギャップが大きな魅力となり、男女問わず多くのファンを持つ中川さんにお話を伺いました。

1.予期していなかった部活のマネージャー経験が、今の自分の原点になった。

bukatsu

ー中川:学生時代は、約10年間バレーボールをやっていました。実は私、バリバリの体育会系なんです(笑)高校2年生になる頃、県内では有名な監督の先生が就任したと言うのに、私自身は腰の故障で選手生命が絶たれ絶望的でした。
しかし!その監督の一言で景色は180度変わる出来事がありました。

「強いチームには、優秀なマネージャーが居るものだ。マネージャーとしてチームを支えてほしい」

「ただのマネージャーではダメだ。選手の気持ちがわからないといけない。だから選手を経験している人であること、そして監督の意向と選手の気持ちを汲みとった橋渡し的な存在になってほし」いということでした。

選手としてではなく、マネージャーとしてチームに貢献できるという道を与えていただき、その後の2年間は、試行錯誤しながら初代マネージャーとしてチームと私自身の成長機会をたくさんいただきました。
これが現在「みんなの秘書室」である私の原点かもしれません。

高校を卒業後は、マネージャー経験を経て、なんとなく「人と接する職業に就きたい」と思い、より喜んでもらえるスキルを学びたくて、ホテルの専門学校に進むことを選択しました。

最高のホスピタリティを学び、お客様を喜ばせたいという思いで、とにかく早くその経験値が欲しかった私は、夜間部に入学し、昼間はホテルでアルバイトの日々が続きました。自分を追い込むのが好きな性格なんでしょうねぇ(笑)

2.「ぐんぐん成長できる環境で働きたい!」想いに突き動かされて。

bridal

専門学校卒業後は、昼間に働かせて頂いていたホテルにそのまま就職しました。ホテルの社員の方とも仲良くなっていましたし、お世話になっているご恩も感じていました。

アルバイト時代はホテルのラウンジでの接客で、とても面白かったのですが、
たとえリピートして下さっても、何となく“自分のお客さま”感覚を感じることができなかったんです。

「担当制の接客がしたい!」「もっと密に接して喜んでもらいたい!」

と強く思い、ブライダルの部署を希望し異動することになりました。

お客様のご来館から挙式後まで個別で対応できるブライダルでのお仕事は、自分が求めていた接客スタイルにも合っていてとても楽しかったです。しかし、だんだん仕事もわかってきて5年、6年と経過すると、以前ほど成長があまり感じられなくなってしまって…それを機に、退職しました。

転職先は、バリバリの営業会社。その会社では広告媒体を扱っていて超成果主義でしたが、私が入社した年から「教育にも力を入れよう」という方針で、マニュアルや教育体制が整えられていて、体系的にイロハを教えてもらい本当に勉強させていただきました。

また、運良く営業出たての頃にいきなり数件ご契約いただけてしまい…原稿なんて書いたこと無いけどやるしかない状態で、朝晩はロープレ、昼間は営業で訪問しての日々が続きました。その日々でめちゃくちゃ鍛えられましたね。
ただ、仕事のハードさ・父が亡くなったこと・体調不良が重なってしまい、1年後うつになってしまいました。今思えばもっとやりようはあったと思うのですが…若かさゆえですかね、ギアをゆるめることをしなかった結果です。

退職後しばらくは仕事はせずに、実家でゆっくりすることにしました。でも「いつまでもゆっくりしてられない」と思いたち、近所のゴルフ場やアパレル店でアルバイトをし、その後一念発起し、リラクゼーションサロンを開業しました。

ー高野:え!独立ですか…!? (゜o゜)

そうなんです!できるかなと思ったもので…(笑)ただ半年ほどで、「集客、販管費、運営」の大変さに気づきました。これはこのまま続けるよりも、もっと自分が勉強して年を重ねた後からやってみてもいいんじゃないかと思い、結局やめることに決めました。それが30歳の時ですね。

次のページ >>> 何でも好きなことをやっていいと言われたものの、戸惑いの日々…


ページ:

1

2

関連記事

  1. 有言実行な男前女性社長に編集長が突撃取材!〜立石和希子さん〜

  2. だてにはげてない!3日で27件のアポイントをこなす脅威の仕事術!

  3. ベンチャー企業で働くワーママに編集長が突撃取材!〜北窓佐和子さん〜

  4. 長期インターン経験を持つ女子大生に突撃取材!〜同志社大学 野呂眞紀さん〜

  5. 身近な働く女性に聞いた「会社を辞めたタイミングBEST3」とは?

  6. 女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜PAL 辻有吾さん〜

  7. 女性活躍企業で働く女性をご紹介〜エクスのワーママ高倉さん〜

  8. 「今の時代、手に職をつけた方がいい」は本当?

  9. 就活もバイトも部活も欲張りに!同志社大学山口美桜さんインタビュー。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事Ranking!

New記事をClick!

  1. ひとり旅のすすめ ~ライフスキルを身につけよう~
  2. 参加費無料!赤ちゃん学基礎講座@京都(同志社大学 学研都市キャンパス)
  3. 男性陣を否定しているうちは、女性活躍は進まない~ナチュラルリンク高野の独り言~
netalist
netalist
netalist
netalist
PAGE TOP