女性を「こうあるべき」から解き放つ−エスキャリア岡本真梨子社長のハンサムな生き方


Chapter3.これからの私

3-1:エスキャリアのこれから

ーエスキャリアは「地に足ついた男前な会社のイメージ」あってる(笑)?
あってます(笑)土屋を筆頭に、社員も美人が多いので「キラキラ系」と思われることが多いですが、社員はみんな男前。裏表なく、さっぱりした人ばかり。30代から50代まで在籍していますが、全員、全然キャピキャピしていないという…(笑)
「地に足をつけて理想を追うスタンス」は創業当初から変わっていません。私も土屋も母子家庭で育っていて、大学の学費は奨学金でしたし、その奨学金も成績優秀者の学費免除だったという共通点があります。そして2人とも、離婚してからイキイキと働いてきた母の背中を見て育ったので、「女性が自立して一生仕事をして生きていく」のを当然だと思っています。
なので現実的というか…理想に愚直に、無理に急成長させず、VCや外部資本もいれず、筋肉質に、地道に、売上もコツコツ1.5倍成長を継続させ、ここまでやってきました。

ーエスキャリアはどんな会社であり続けたい?
女性社長の会社というと、メディアで取り上げられやすく目立つ存在であると思いますが、誰かの知名度やカリスマ性でもっている会社ではなく、一人ひとりが際立っている組織になりたいと思っています。人は一人ひとり違う。それぞれに可能性があり、強みがある。だから、その一人ひとりの強みをしっかり伸ばしていくエスキャリアであり続けたいですね。

ーエスキャリアの会社としてのビジョン、今後の目標は?
「キャリアカウンセリングの価値を日本に浸透させる」ことが、目下の大きなテーマです。キャリアデザインは個々に違うので、一人ひとりに寄り添うキャリア支援を世の中に広げていきたい。時間や場所に制約があっても、方法次第で個々の能力はおおいに発揮できますから、企業の中でもそれが実現できるお手伝いしていく。これは、働く個人にとっても企業にとっても、日本の未来にとっても、大変価値があることだと思っています。
また社内体制に関していうと、エスキャリアは、学校の1クラス、つまり社員30人以上の規模にはしないと思いますね。人事やキャリア支援の高い専門性を持つ女性パートナーの皆さんとともに、「非フルタイム人材のかけ合わせでクライアントの課題を解決していく」という仕事の仕方を推進していきたいです。質を追求し、少数精鋭のプロ集団であり続けたい。「人事・キャリア支援のプロ集団といえばエスキャリア」と言われるような、ニッチにとがった存在になれるよう、頑張っていきたいと思っています。

3-2:岡本さんが描く未来

ー岡本さん個人としては、今後はどうしていきたい?
私は何十年後にどうなっていきたいと具体的に描いているわけではありません。何が起こるか分からないし、思った通りに行くわけがないし、極端に言うといつか死ぬかもわかりません。ですから、「大好きな人たちと幸せに生きたい」「苦しんでいる人が自由に生き生きと働けるような支援がしたい」という大きな方向性の中で、その時その時の直感や出会いを信じて、柔軟に選択していく人生にしていきたいですね。

ーそれすごく分かる!私もそう!
これは、プランドハプンスタンス理論というキャリア理論で証明されているのですが、社会的に成功している人の人生の充実度を調査すると、細かく目標を決めて達成して進んできた人よりも、その時々のご縁とタイミングに合わせて柔軟に選択してきた人の方が充実度が高いんですね。この理論を知った時「ほらほら!今までの私、間違ってなかったじゃん!」と思いました(笑)
あとは…エスキャリアの社長という立場ではありますが、一方で、自分が大好きな「ゼロからイチを創り出すこと」を何か違う場で試してみたい気持ちもあります。双方にとってシナジーになり良い循環ができる働き方ができると面白そうですよね。そういう意味では何でもありで、リミッター解除してガンガン進んでいきます!

3-3:働く女性にメッセージ

ー岡本さんが、働く女性に伝えたい事は?
人と比較したり、こうあるべきに縛られるのではなく、自分がどうなりたいということを常に柔らかい頭で考えて、実践していってほしいと思っています。人生は何が起こるか分かりません。特に女性は。こうあるべき、こうしなければ、こうでなきゃだめなんてことは一切ない。突き詰めれば、人は一人ひとり個性も置かれた環境も違うわけですから。
だったら、周囲の常識は置いておいて、自分が笑顔になれることを実践していけばいい。母が幸せなら、子どもや夫もハッピーですし、女性が笑顔であれば、職場も明るくなります。自分が満たされていれば、おのずと周りはハッピーになる。自分をぶらさず、一度の人生、悔いなく生きていきましょう!

【インタビュアー所感】
お話を聞きながら、胸が熱くなり、何度も泣きそうになりました。骨太に、男前に、かつ美しく生きる岡本さんの生き方は、働く女性達の大きな希望です。私も頑張ります!岡本さん、本当に有難うございました!

【岡本真梨子(おかもとまりこ)さんプロフィール】
お名前:岡本 真梨子(37) 勤務先: 株式会社エスキャリア取締役社長
修士まで発達心理学を専攻した後、大手人材紹介会社に入社。人事部にて人事企画・労務業務を担当する。その後結婚を機に、文科省管下(当時)の教育研究機関へ転職し、心理カウンセリング・研究開発・セミナー事業等に従事。
自身の出産・育休・時短勤務経験から、より女性が柔軟に能力発揮できる機会と、一人ひとりの強みを活かした働き方の重要性を感じ、2013年、第二子妊娠を機に独立。その後、株式会社エスキャリアにボードメンバーとして参画し、2016年より現職。人事の専門性やキャリアコンサルタント資格を有する女性フリーランスチームによる、BtoB/Cのキャリア支援事業を推進している。(年齢、プロフィールはインタビュー当時のもの)

作成日:2018年3月6日
インタビュー/ライティング:高野美菜子

「Independentに生きる」メンバーが集い、成長を続けるエスキャリアで働いてみたい方、またエスキャリア社員に直接話を聞いてみたい方は、下記申込みフォームバナーをクリック!

エスキャリア社員と話してみたい

エスキャリアの現在の社員募集要項について詳しく知りたい方は、下記バナーをクリック

社員募集要項を詳しく見る 

■エスキャリアの個性豊かなメンバーのインタビューはこちら↓


1 2

3

関連記事

  1. 「こうあるべき」にとらわれず、 スキなことを全部やりたい女性のために。

  2. だてにはげてない対談−各分野で活躍する女性たちの凛とした生き方

  3. 大企業から一転、創業ベンチャーへ転職−ストリートスマート太田さんのしなやかな生き方

  4. だから就活も仕事もうまくいく−シナジーマーケティングで働くHさんの自然体な生き方

  5. だてにはげてない対談ー「日本の健康寿命を延ばす」ウォーキング講師竹澤摩佑子さんの挑戦

  6. 女性たちが多様な幸せを歩める未来を目指して−女子未来大学猪熊真理子さんの自分で人生の舵をとる生き方

  1. 女性活躍推進会社の社長と、大手人事部マネージャーが考える、真の…

    2019.01.15

  2. Woo!編集長高野の、2019年の決意−「今年はルーチンをどんどん壊そう」

    2019.01.08

  3. 1/21(月)ぷちでガチ!育休MBA講座「ビジネスクリエーション~マーケ…

    2018.12.25

  4. 12/15(土) 女子学生のためのキャリアデザインセミナー「何がしあわ…

    2018.12.07

  5. 12/4(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「実は身近な経済学~”お金”の仕組…

    2018.11.16