女性活躍企業の社長に編集長が突撃取材!〜中央電力 中村誠司さん〜


働く女性の皆さんこんにちは。女性が活躍するベンチャー企業の社長インタビュー第一弾。

初回のゲストは、中央電力株式会社の中村誠司社長。従来よりも安全・安価な電気を提供する『マンション一括受電サービス』のパイオニアとして、業界でも圧倒的なシェア拡大と急成長を続けています。北浜の大阪証券取引所ビルの最上階ワンフロアに大阪本社を構えておられますが、綺麗な内装に、贅沢な景色に…テンションがあがりまくり!!そんな中央電力さんは今、『まさに、女性が活躍する会社の土台が整った』段階に来られています。

1.コスト削減コンサルティングから『マンション一括受電サービス』へ

image
ー中村:当社はもともと『企業のコスト削減コンサルティング事業』として、東大阪からスタートしました。文具のネット通販や保険、電話代削減など、様々なサービスの代理店をしていましたが、東大阪という土地柄上顧客には町工場が多く、コスト削減の中で最もニーズが高かったのが電気代でした。

ー高野:創業当初から「電気代を削減する」というところに目をつけておられたのですね。現在の『マンション一括受電サービス』を始められたきっかけはなんだったのですか? 

ー中村:会社を創業して10年ほど経ったころ、2000年のことでした。電気事業政策の一貫として、工場やビル等の産業用特別高圧が自由化されたのをきっかけに、コンビニや飲食店に対して電気を安くする事業を始めました。

そしてこの事業をさらに広げられないかと考え、行き着いたのがマンションでした。そもそも誰もやったことがなく、手探り状態の市場だったので、地道にコツコツ積み重ねてきた感覚ですね。2002年から準備を始めて、ようやく今、15万世帯の契約を頂けるまでに成長しました。

ー高野:市場を無いところから創りだすというのは想像を絶するパワーを要すると思いますが、その道を貫き続けた中村社長も、一緒に走ってきた社員さんも、すごいですね…。

ー中村:『マンション一括受電サービス』というのは、マンション1世帯1世帯に、承諾の印鑑を頂くことが必要なんです。1件でもらえなければ、導入には至りません。最後の1件まで、納得頂けるようにフォローし、説明する。導入頂いた後も「電気」というお客様の大事なインフラを預かるわけなので、請求管理から運用まで丁寧にサポートすることが大切です。

おかげ様で売上は過去8年で10倍以上になり、組織の規模も大きく成長していますが、その影には社員がコツコツ地道に頑張って得てきた「お客様からの信頼」という土台があります。

だから、当社は強い。ご存知の通り、今、電気業界には様々な会社が参入してきています。だからといって僕たちは浮き足立ったりしない。今までと変わらず、自分たちができることを、コツコツやるだけです。そうすれば、時代の流行りや大企業がひいていった後でも、僕たちはしっかり強い会社になっています。

2.モットーは「楽しく面白く働くこと」

image
(*画像は、社員旅行での宴会の動画を見せてくださっている中村社長)

ー高野:なるほど…大手が真似しようと思ってもなかなかできない部分ですね。電気業界やエネルギー等のインフラ業界というのは、とても固くてお役所的な会社のイメージがあるのですが、中央電力さんはいかがですか?

ー中村:インフラといっても、うちはベンチャー企業ですからね。また、普段はエネルギーとか固いことを言っていますが、僕は本来は「楽しく面白くやろうや〜!」というタイプです。せっかくなら「働いててオモロイな〜」という会社を作りたいし、社員にもそんな気持ちで働いてもらいたい。

以前は「楽しい面白いの前に、僕たちは電気というインフラを扱う会社だから」と、自分に言い聞かせる意味でも、社内で「責任」にフォーカスしていた時期がありました。ただ、社員が本当によく頑張ってくれて、ある程度「マンション一括受電サービス」事業も成長し土台が出来てきたので「責任をもった上で、楽しくやろう!」と今は伝えています。

当社では、社員旅行や運動会をするにしても、みんな本気なんですよ。宴会でも「いかにみなを楽しませるか、盛り上げるか」を真剣に考えて、芸人顔負けで頑張ります。僕が見ていても「すごい!」と驚くくらいですね。
今度の社内旅行は6チームが企画し、コンペをして社員が投票し、上位3チームのアイデアを実際に実行することになっているんですが、160人いる社員のうち、どのくらいの社員が「自分も企画したい!」と手をあげたと思いますか?

ー高野:う〜ん…15人くらいでしょうか?

ー中村:…い、いや、そんな少なかったら質問しませんって…。120人が手をあげました。いざという時に「一丸になれる社風」これは、中央電力の自慢ですね。

ー高野:一致団結できるというのは素敵な社風ですね!話は変わりますが、以前「エネルギーはハードからソフトの時代になった」とお聞きしたことがあるのですが、それはどういうことでしょうか?

ー中村:これからは、エネルギーはハードからソフトの時代。電気やガスが安定的に供給されるなんていうのは当たり前で、「エネルギー×◎◎」という、エネルギーをデザインする時代だということです。

ー高野:エネルギーをデザイン!?面白そうです!

ー中村:そう、面白いんですよ!「エネルギー×コミュニティ」「エネルギー×リユース」など、色々可能性があります。例えば当社では、「電気代をゼロにする」ということを中期ビジョンとして目標に掲げています。「電気代を安くする」なんて当たり前で、その先にゼロにできないかと。

例えばマンションというコミュニティを活かして、「お年寄りが共働き世帯の子守をしてあげる」「家具の組立をしてあげる」「車を貸し借りする」などで電気ポイントがたまり、コミュニティをが活発化すればするほど、電気代が安くゼロになっていく。企業とコラボレーションをして、何かを購入すれば「電気ポイント」がもらえて、それがたまればゼロになるなど…。

あくまで例ですが、色々と面白いことができる可能性が無限にあるというわけです。

次のページ>>> 女性の力と視点は、会社のどういった部分に活かされるのか?

 


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 関西の大学生必見!アイデアをカタチにする体験型コンテスト「MEET UP KANSAI Vol.1」

  2. 現役人事担当者から就活生へ〜就活する上で大切な2つのこと〜

  3. だてにはげてない社長に女子大生が突撃取材!〜代表世話人 杉浦佳浩さん〜

  4. 24歳で起業した司法書士立石和希子さん〜だてはげ活用術対談vol.2〜

  5. 働く女性に女子大生が突撃取材!〜FCS 川田有香さん&藤本奈緒子さん〜

  6. 大阪ママボノチームがWoo!編集長高野へ突撃取材〜ワーママのためにできること〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. まともな年の重ね方~変化し、違いを受け入れる~

    2018.11.09

  2. なぜ男性社長が女の子の世界を変える事業をしているのか?−アウロー…

    2018.10.29

  3. 11/13(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「セルフ・ブランディング~自分…

    2018.10.26

  4. 10/27(土)ぷちでガチ!育休MBA週末講座「世界基準のリーダーシップ…

    2018.10.19

  5. ドキュメンタリー映画『みんなの学校』を観て~”育てる”ことについ…

    2018.10.09