2016年の働く女性に必要な「女子力」はこれ!


働く女性の皆さんこんにちは。ハフィントン・ポストに、こんな興味を引く記事が紹介されていました。

「2015年は女性にとってどんな年だったのか? そして2016年に必要な「女子力」とは?」

軍地彩弓さんが語る、気になるその内容をのぞいてみました。

1.『あさが来た』のヒットの理由は?

image
今話題のNHK朝ドラ『あさが来た』。ご覧になっている方も多いのではないでしょうか?この『あさが来た』のヒットの裏には理由があるというのです。

ヒロインの白岡あさのように「働いて立身出世する女性」がドラマの題材になることは珍しくありませんが、あさの夫・新次郎のように「妻を支える男性の姿」を描いたのは朝ドラ史上初めてかもしれません。
女性が出世を目指し男性がフォローする、という関係性を、社会が大きく変革した明治時代を舞台に表現しているこのドラマは、やはり社会の変革期であるいまの時代の潜在ニーズともリンクしているのではないか、と感じています。

(「2015年は女性にとってどんな年だったのか? そして2016年に必要な「女子力」とは?」より抜粋)

なるほど。新しい男性像が、時代の潜在的なニーズとマッチしたのですね。

2.女性にとって全ての選択肢が出揃った。

image
「2015年はどんな時代だったか?」という問いに対して、軍地さんはこう答えます。

また20代は、女子学生の2割前後が専業主婦願望を持っている、というデータがある一方、若いうちから独立起業する意志のある子も出てきている。
専業主婦から起業まで、女性にとって全ての選択肢が出揃った状態、と言えるのが2015年の現状ではないでしょうか。(「2015年は女性にとってどんな年だったのか? そして2016年に必要な「女子力」とは?」より抜粋)

なるほど。確かに、こんなに幅広く女性の選択肢が出揃った時代はなかった気がします。だからこそ、キャリアを描いていくことに働く女性は悩むけれども、逆に考えれば、自分次第でどんな道でも築いていけるということなのですね。

次のページ>>> 日本経済は2020年以降沈んでいくってほんと?・・・


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. ネタのつくり方【基礎編】

  2. 秋鮭の味噌マスタードレシピ〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  3. 銀行にお金を預ける時代は終わった〜プロが教えるこれからの資産運用〜

  4. 関西の働く女性による、関西の働く女性のためのサイト「Woo!」

  5. 仕事は自分次第で楽しめる!私が教わった仕事を楽しむ為の心得とは?

  6. 占いより正確で当たる!バイオリズムチャートのススメ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 3/18(月)ぷちでガチ!育休MBA講座「イノベーションの本質」~市場創…

    2019.03.04

  2. 3/7(木)ぷちでガチ!育休MBA特別講座育休復帰キックオフ2019~人生…

    2019.02.22

  3. 自分を整えるということ ー 余白のススメ

    2019.02.18

  4. THIS IS US 36歳、これから ー 最近イチオシの海外ドラマ

    2019.02.08

  5. 「Not for me」でいこう ー 私とあなたは違って当たり前

    2019.01.31