PICK UP!

2016年の働く女性に必要な「女子力」はこれ!


働く女性の皆さんこんにちは。ハフィントン・ポストに、こんな興味を引く記事が紹介されていました。

「2015年は女性にとってどんな年だったのか? そして2016年に必要な「女子力」とは?」

軍地彩弓さんが語る、気になるその内容をのぞいてみました。

1.『あさが来た』のヒットの理由は?

image
今話題のNHK朝ドラ『あさが来た』。ご覧になっている方も多いのではないでしょうか?この『あさが来た』のヒットの裏には理由があるというのです。

ヒロインの白岡あさのように「働いて立身出世する女性」がドラマの題材になることは珍しくありませんが、あさの夫・新次郎のように「妻を支える男性の姿」を描いたのは朝ドラ史上初めてかもしれません。
女性が出世を目指し男性がフォローする、という関係性を、社会が大きく変革した明治時代を舞台に表現しているこのドラマは、やはり社会の変革期であるいまの時代の潜在ニーズともリンクしているのではないか、と感じています。

(「2015年は女性にとってどんな年だったのか? そして2016年に必要な「女子力」とは?」より抜粋)

なるほど。新しい男性像が、時代の潜在的なニーズとマッチしたのですね。

2.女性にとって全ての選択肢が出揃った。

image
「2015年はどんな時代だったか?」という問いに対して、軍地さんはこう答えます。

また20代は、女子学生の2割前後が専業主婦願望を持っている、というデータがある一方、若いうちから独立起業する意志のある子も出てきている。
専業主婦から起業まで、女性にとって全ての選択肢が出揃った状態、と言えるのが2015年の現状ではないでしょうか。(「2015年は女性にとってどんな年だったのか? そして2016年に必要な「女子力」とは?」より抜粋)

なるほど。確かに、こんなに幅広く女性の選択肢が出揃った時代はなかった気がします。だからこそ、キャリアを描いていくことに働く女性は悩むけれども、逆に考えれば、自分次第でどんな道でも築いていけるということなのですね。

次のページ>>> 日本経済は2020年以降沈んでいくってほんと?・・・


ページ:

1

2

関連記事

  1. 部下を叱れない人が叱れる上司になる為の大切な視点〜人材育成のプロが直伝〜

  2. 自分の強みに気づくオススメ方法〜自分では気づきにくい強みの発見法〜

  3. 発音インストラクターが教える通じないアルファベットの秘密

  4. 多くのグループチャットを抱える方に朗報!チャットワークの新機能【ミュート機能】とは

  5. 手帳の選び方の3つのポイント〜運命の手帳に出会うために〜

  6. ディープな神戸の飲み歩きといえば、オススメエリアはEast Side!

  7. 物分りが良くデキル女性の多くが持つ悩みと、そんな人へのアドバイス。

  8. タスク管理ツール「Nozbe」が働くママにオススメな2つの理由!

  9. へこんだ時に読んで欲しい〜気持ちを前向きにする簡単なコツ〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ranking!

New記事をClick!

  1. 3/17(土)第32回ぷちでガチ!育休MBA講座主催「育休復帰キックオフ2018…
  2. 脱・「全部自分でやっちゃうリーダー」!今日から「割り振り上手なリーダー」になろう…
  3. 何でも自分でしてしまい育成が進まないリーダーに起こっていることとは
PAGE TOP