気になる記事をClick!

働く女性に、子どもを持つ親に観てほしい映画「私の中のあなた」


Woo!では定期的に働く女性にオススメな映画ネタをご紹介しています。今日ご紹介するのは『私の中のあなた』。は、ジョディ・ピコーの小説「My Sister’s Keeper」を原作とした映画です。「命」について、「生きる事」について、「家族」について、深く考えさせられる映画です。
出典:Yahoo!JAPAN映画

1.「私の中のあなた」のあらすじ

image

アナ・フィッツジェラルドの姉ケイトは2歳のとき、急性前骨髄球性白血病を患う。しかし両親や兄の白血球の血液型であるHLA型は、ケイトと適合しない。ドナーを必要とするケイトのために、受精卵の段階で遺伝子操作を行ない、デザイナーベビーとして生まれてきたのがアナであった。
まずはドナーへの負担がない臍帯血移植を行うが、その後もケイトが輸血や骨髄移植などを必要とするたびに、幼いアナは過酷な犠牲を強いられてきた。13歳を過ぎたアナは、ついに片方の腎臓の提供を求められる。ところがアナは提供を拒み、辣腕弁護士キャンベルを雇い、両親を相手取って訴訟を起こす。


「Wikipedia 私の中のあなた」より引用

母親サラ役にはキャメロン・ディアス、父親ブライアン役にはスピード2で有名になったジェイソン・パトリックです。アナを弁護する弁護士キャンベル役に、アレック・ボールドウィンという豪華な俳優陣です。

2.私がもし、母親の立場なら、どうしていただろうか…

image
原作と映画では、物語の最後がかなり違っているようです。
が、それはともかく、「もしこれが、自分たち家族の身に起こったことであれば…」と考えると、やはりいくら考えても答えは出せません。

・娘を助けたい。そのために、もう一人の娘の人生を犠牲にしていいのか?
・子どもはケイトだけではない。兄のジェシーに、そして妹のアナに、ちゃんと愛情を注げているのだろうか?
・娘には、なんとしてでも生きて欲しい。でもそれは、本当に本人が望むことなのだろうか?

何かを取ると、何かを犠牲にしなければならない。
白か、黒かで決められることでは決して無い。
そしてそこには、色んな人達の思いや正義があり、それも間違っていない。

もし自分が、母親のサラだったら?病気のケイトだったら?アナだったら?
生きる事、命について、深く考えさせられます。

次のページ>>> アナが訴訟を起こした本当の理由とは?・・・


ページ:

1

2

関連記事

  1. 出張コストを削減できる3つの工夫〜経理女性直伝の経費削減術〜

  2. 占いより正確で当たる!バイオリズムチャートのススメ

  3. 後輩から慕われる先輩女性に共通する3つのこととは?

  4. クリスマスツリーを飾る場所が無くても大丈夫!〜マスキングテープデコレーション〜

  5. 働く女性対象~大阪商工会議所の「大阪サクヤヒメ表彰」に応募してみませんか~

  6. 仕事で「いっぱいいっぱい」だった新人時代に先輩が放った名言とは?

  7. 男性社会で働く女性が、楽しく働くために意識したい大切なことは?

  8. 情報に惑わされるな!多くの人が陥る健康管理の落とし穴と対策。

  9. 海外映画「クリード チャンプを継ぐ男」、意外と女性にオススメです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




New記事をClick!

  1. 2/4(日)ぷちでガチ!育休MBA in Action報告会&MBAぷち講座@京…
  2. 女子大生が株式会社GRiP’Sの社長にインタビュー!
  3. 20年後の社会と働き方改革~vol.5 惑う40代と『LIFE SHIFT』の警…
PAGE TOP