女性管理職になりたくない人へ〜でも、なるとメリットだってある!〜


働く女性の皆さんこんにちは。
ナチュラルリンクでは「人事Gate(人事ゲート)」で女性活躍推進に関するコラムを執筆しております。今回はその中から、「女性管理職になるのは、損か得か」の記事をご紹介します。

1 自分らしさとは

24-1

女性管理職になると、しかも社内初の女性管理職だったりすると、
メリットや大変なことのほうが多いような気がしてしまいます。

土日の会議に出席しなければ、
残業を増やさなければ、
役職者会議でも男性の中で女性が1人というアウェー感、、、
いばらの道をかきわけ進む自分の姿が容易に想像できます。

でも、管理職に抜擢されたということは、
その実力を上司や会社に認めてもらえたということでもあります。

自分らしい人生を送りたい
自分らしい働き方をしたい

という言葉を最近は特に目にするようになりました。

女性の生き方は以前と比べて選択肢が増え、
その分自分の人生の選択に悩む女性も多いと感じます。
実際私も、20代半ばからは大変悩みました。

(略)

どの道が自分にとって一番いいのかは、自分が決めて進んでいくしかありません。
何がいい悪いではなく、自分がそこに納得して進んでいることが大切だと思います。

ただその中で、自分らしい働き方を作り出すために必要なことがあります。
それは、自分に実力をつけることです。
-本文より

 

2 社内で自分らしさを発揮するために役職に就く

24-2

女性管理職になるのも同じことが言えると思います。

みなが残業しなくても成果が出せるやり方に変えていきたくても、
在宅でも仕事ができる体制をつくりたくても、
会議の時間はランチの1時間に変更したくても、

自分一人のために会社のルールや変えることへの労力を考えた時に、
一朝一夕にはいかないことは多々あると思います。

ただし、自分が役職という立場にあれば別です。
裁量や決定権の幅も広がっているわけですから、
部署全体にとって良いことであれば、変えていきやすくなります。
-本文より

「役職につくことで、社内でさらに自分らしさを発揮できるようになった」
という見方もありますよね。
また決定権があるからこそ、働き方やチームのやり方を自分の意志で変えていけるようになります。
(もちろんメンバーの同意等は必要ですが)

■次のページ>>>ある会社の女性役職者の方の事例とは…


1

2

Woo!編集部。運営会社である株式会社ナチュラルリンクは、”働く女性をHAPPYに 女性のチカラで企業を元気に”という思いのもと、Woo!の運営や、企業の女性活躍推進サポート事業を行っている会社です。

関連記事

  1. 30代の管理職女性に編集長が突撃取材!〜笠嶋彩子さん〜

  2. 働く女性に超オススメ!「仕事にも人生にも自信がもてる!女性管理職の教科書」

  3. 初の女性店長として活躍する女性に編集長が突撃取材!〜藤原有里子さん〜

  4. 何でも自分でしてしまい育成が進まないリーダーに起こっていることとは

  5. ワーママ部長に女子大生が突撃取材!〜栄水化学 長村和美さん〜

  6. 20代の転職に成功した女性に編集長が突撃取材!〜景利友美さん〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 女性部下育成研修に参加する上司から感じられる、例年にない変化に…

    2019.08.20

  2. 10年前とちっとも変わらないどころか、むしろ若返っている – …

    2019.07.31

  3. 8月23日(金)、9月25日(水)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第51回・52回…

    2019.07.17

  4. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「…

    2019.07.04

  5. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21