相手が思い通りに動いてくれないと悩むあなたへ~問題を切り分ける対処法~


3 「問題」を切り分けるということ  

img_7998

そんなある日のこと。
ある考えが突然、私の中に降りてきたのです。

「降りてきた」というのは大げさな表現に感じるかもしれませんが、
当時の私にとっては、まさに「降りてきた」という表現がふさわしい感じでした。

「私は私にできる最大限のことをすればいいんだ。

 彼の健康について私にできることといえば、毎日、体によい食事を作ること。

 私にできる最大限のことをやって、それでもし彼の健康に何かあったのだとしたら、

 それはそれで運命なのだろう。しかたがない」

なんといえばいいのでしょう。

「人間ドックを受けるかどうかは最終的に彼が決めることであり、
 私がコントロールできることではない。
 でも、彼にどのような食事を提供するかは私が決められること」

というように、「彼の問題」と「自分の問題」を切り分けられたこと
そして、自分の問題(自分ができること)についてベストを尽くそうと決めたことで、
すごくすっきりしたのです。

「私にできることをすればいいんだ」

簡単に言うと、そんな気づきが私の気持ちをとても楽にしてくれました。
自分がフォーカスすべきことがわかったときに感じた、
あの清々しい気持ちを、私は今も忘れることができません。

4 心穏やかに、より良い関係を築くために

img_7996

私たちは、自分にとって近しい相手の問題について、
あたかも自分事(自分の問題)のように取り扱い、
相手に介入しすぎたり、相手の動向にヤキモキしたりしてしまいます。
(例えば、親にとって、子供の問題は、この傾向が顕著なのではないでしょうか。)

でも、「相手の問題」は「相手の問題」であり、決して「自分の問題」ではありません。

「相手の問題」と「自分の問題」を自分の中で切り分けられると、
ネガティブな感情に振り回されることなく、心穏やかに過ごすことができる。

また、それが、より相手とよい関係を築くことにつながると思っています。

※小川由佳さんのサイト・ブログはこちら
・働く女性向けコーチングも実施しています→FAITH(フェイス)
・ブログ→http://ameblo.jp/createyourownlife


1

2

小川由佳(おがわゆか)FAITH(フェイス)代表
【プロフィール】
メーカーで管理職を経験後、コンサルティング会社でクライアント企業のリーダー育成業務に従事。600人以上の育成にかかわる。2011年に独立し、各種研修プログラム開発および研修講師として活動中。また、若手管理職や働く女性を主な対象としたパーソナルコーチングも行っている。著書に『女性管理職の教科書』(同文舘出版)がある。プライベートでは小学生の母。
【働く女性の皆さんへ】
働く女性が元気になれるような記事を、私の実体験をベースにしながら書いていければと思っています。どうぞよろしくお願いします!

関連記事

  1. 彼氏がいなかった女性が、半年で結婚できた驚きの理由。

  2. 30代の働く独身女性が生きにくい、今のこの日本について思うこと

  3. 転職、結婚…決断できる女性になるために大切なたった1つのこと。

  4. 社長を夫に持つ妻の生活ってこんな感じです。

  5. マタニティブルーと産後うつの違い〜神戸の情報発信サイト「月とみのり」〜

  6. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「いるいないみらい」を読んでみた

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【オンライン開催】9月5日(土)第62回ぷちでガチ!子連れMBA講…

    2020.07.30

  2. 大手製造メーカーに新卒入社、10年目で労働組合へ | メンターに相談…

    2020.07.22

  3. 中小企業で働く私は、どのように両立の壁を乗り越えたか | メンター…

    2020.07.02

  4. 【子育て世代へのアンケート】「子育て×働く」のリアルを探求するキ…

    2020.06.30

  5. 社外メンターに相談して、目の前の霧が晴れた!| メンターサービス…

    2020.06.08