仕事も子育ても自分育てもうまくいく!「目的」と「手段」の上手な使い方


働く女性の皆さん、ママさんこんにちは。Woo!ネタリスト 人活®心財育成トレーナーのあ~ちです。
人間関係においてコミュニケーションが大切であることはわかっていても、思ったようにならなかったり、感情が抑えられなかったり、実はそこには『心のしくみ』があるのです。

1 目的を明確にする

stocksnap_2ljs63oilg

仕事においても、子育てにおいても、何より自分育てにおいても、上手く結果を出している人は目的が明確です。
ここでお伝えする目的は、「何のために?」というところです。価値観にあたります。

仕事は「何のために?」しているのか?
子育ては「何のために?」しているのか?
自分育ては「何のために?」しているのか?

あなたは答えることができますか?

今すぐ答えることができなくても、答えは私たちのそれぞれの中にあります。
しかし意識に上がっていないということが多々あります。
ただ意識に上がっていないということは理解できていないということですから、これが悩みの種となるのです。

目的は抽象的なものです。
例えば
「安心のため」
「信頼のため」
「豊かさのため」
「自由のため」
「存在の尊重のため」
など。

そしてその目的を実現するために、手段であるやり方があるのです。

2 手段であるやり方を明確にする

stocksnap_tbj9opdgmk

ここでお伝えする手段は「何をするのか?」というところです。能力、行動、環境にあたります。
目的を実現するために、やり方は無限にあります。

しかし私たちはよく1つのやり方だけに固執することがあります。

一方、上手く結果を出している人がしていることの中に、「選択肢は3つ以上」というものがあります。
なぜ3つ以上なのか?

選択肢が1つの場合、そのやり方が上手くいかなかったときに諦めざるを得ないことになります。
選択肢が2つの場合、どちらからしようかと葛藤が起き、すぐに行動できないということが起こります。
選択肢が3つ以上の場合、どれからしようになり、モチベーションと可能性に繋がります。

自らの能力を活用し、行動を明確にして、環境を整えて目的を実現していくことになります。
手段であるやり方という行動を明確にするということは、以前にもお伝えしましたが、
目的を実現するためのゴールを明確にするということです。

①期限を決めること
②ゴールの証拠(達成は何をもって達成とするのか)を明らかにすること
③ゴールを五感に落とし込むこと

■次のページへ>>>目的と手段が入れ替わる??


1

2

安達美由紀(あだちみゆき)
心財育成株式会社 代表取締役 / 一般社団法人夢の実現サポーター 代表理事

【プロフィール】
不動産トップ営業、また金融機関も含め25年以上の営業経験を経て2010年独立。営業、結婚、同居、子育て、大病、介護、転職、独立など経験する中で心理学を学び、望む人生を実現するには心に仕組みがあることに気づく。以後「心の仕組みを知れば人生が変わる」を信条に、心という財産を活かし、心豊かで愛に満ちあふれた最高の世界を本気で創るリーダー達を育成し続けている。
【働く女性の皆さんへ】
実は誰もが無意識で天才的に生きています。豊かに生きるにはその天才を“意識”できるかどうかだけです。大切な自分の取り扱い方をWoo!ではお伝えしていきます。

関連記事

  1. 忙しい働く女性にオススメ!映画「あなたは私の婿になる」

  2. 本読んで徒然 vol.1~『パラレルキャリアを始めよう!』

  3. 車に興味が無かった私が、車好きになったわけとは?

  4. 女性部下を持つ上司必見!大阪商工会議所主催セミナーレポート!

  5. チャットワークエモーティコンに隠れキャラが!?その誕生の秘密とは

  6. たまにはB級もいいんじゃない?おすすめ映画「フローズンアース」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 後輩が育ってくれない!響かない!その理由と対策

    2018.07.17

  2. これができるとぐっとレベルUP!英語らしい音を作る「 r 」の法則

    2018.07.09

  3. 「根回し上手」になって仕事をスイスイこなすには? 2つのケースス…

    2018.07.02

  4. 7/10(火)ぷちでガチ!育休MBA講座「CSRで未来を拓くには」@大阪・京…

    2018.07.02

  5. 一般職の先輩方と良好な関係を持ちながら自分のキャリアを積むコツ…

    2018.06.25