「全ての経験のおかげで、今の自分がある」−英語発音インストラクター日野ゆう子さんの柔軟で前向きな生き方。


Chapter3.これからの私

3-1:今の仕事を始めるきっかけ

ー今の仕事にたどり着いたのはどのような経緯で?
実は、以前は私も発音が苦手だったので、現在教室で使用をしているCEPIOのレッスンを受講したんです。すると実用面、精神面ともに自分も驚くほど大きな変化があり、その有効性にとても感動したことがきっかけです。 もともとTOEICや英検など資格試験の講師をしていたのですが、発音には苦手意識がありました。ネイティブとのやり取りでは、中1レベルの簡単な単語やアルファベットでも聞き返されたり通じないことも多々…。お恥ずかしい話なのですが「water」がなかなか通じなくて、本当は水がほしいのに、代わりにお茶やジュースを長いこと頼んでいたくらい(笑) 発音スキルが身につくと、単なる「読み・書き・テスト専用の単語やフレーズ」だと思っていたものが「話せる・聞こえる」コミュニケーションツールへと一気に変化しました。まるで、オセロが全部ひっくり返ったような感覚でしたね。「自分の中には、こんなにも『使えるもの』が眠っていたのか!」と感激しました。

ー精神面での変化というのは…?
以前は「英語を教えた経験を持っている」と人に知られることで、英語を話すことがプレッシャーになっていました。他の人にどうみられるかが気になってしまい、「英語風にうまく言わなきゃ。」「よく見られなければ。」と焦って、緊張することも多かったのですが、発音スキルが身についてからそれがなくなりました。 とはいえ今でも、適した言葉や単語が思いつかなかったり、間違えることもしょっちゅうあります。でも、「発音」という土台が出来、「知っている単語なのに伝わらない!」という焦りやストレスを感じることがなくなったおかげで、ずいぶんリラックスをすることができるようになったんです。すると、目の前の方とコミュニケーションを取ることに集中できるようになり、その時間を心から楽しめるようになりました。

ーその経験をもとに、これをご自身の仕事にされようと…?
はい。私が発音のレッスンを受けたのは、英語を勉強し直して15年ほど経ってからでしたが、もっと早い段階で発音の練習を取り入れていたら、もっと楽しく、そして有効にそれまでの時間を過ごせただろうなぁと思いました。ですから 「たくさんの方がもっと楽に、活き活きと英語を使えるようお手伝いをしたい!」と今の仕事をスタートすることにしました。

3-2:今後の展望、日野さんの目指す世界

ーこれからの展望、日野さんの目標は?
発音スキルを取り入れることで、多くの方に、心のブレーキをはずして、もっと効率よく、楽しく、気楽に英語を使って頂けるようお手伝いをしていきたいです。特にこれからは「英語をそれなりに頑張ってきたけれど、いまひとつ伸び悩んでいて、自信が持てない」といった英語中上級者の方に対して、ご自分の場所でさらに輝いて頂けるようお手伝いがしたいと思っています。 また、日々ティーチングを頑張っておられる教師・講師の方向けのレッスンやセミナーにもさらに力をいれて取り組んでいきたいですね。 プライベートでは、家族との時間を大切にしたい。子どもたちも大きくなってきましたが、旅行にも行きたいですし、色々なことを共有して、一緒に笑って、泣いて、考えて…日常のささいなことこそ楽しんでいけると素敵だなと思っています。

3-3:働く女性へのメッセージ

ー最後に、働く女性へメッセージを!
迷った時には「少しだけやってみる」ことが大切かなと思っています。少しだけやってみて、進んだところでまた考えてみる。立ち止まらず、諦めず、柔軟に進んでいけば、必ず見えてくることがあると思います。 「失敗したり、間違ったりしても『あの時、失敗してよかったな。』と思えるように自分で未来を創っていけばいい。」尊敬する先生からかけていただいて以来、宝物にしている言葉です。出来事をどう捉えるか、どう進むかは自分次第。私もどんな経験もきっと無駄にはならないと出会いを楽しみながら、柔軟に、前向きに進んでいきたいと思っています。

【インタビュワー所感】
日野さんは、おおらかで柔らかい雰囲気の方なのですが、これまでの人生をお聞きしてびっくり!どんな状況になっても、諦めずに、出来る方法を探して、不可能を可能にして来られたのだと知りました。勇気をたくさん頂きました。日野さん、有難うございました!

【日野ゆう子(ひのゆうこ)さんプロフィール】
お名前:日野ゆう子(41) 勤務先:英語発音スクールCEPIO京都教室 主宰
大学卒業後、日本語講師→英語やりなおし→英検・TOEIC等資格対策講師として勤務。結婚後、海外クライアント向け古書選書コーディネート事業を立ち上げ12年間活動。学生~講師時代・業務を通しての悩みの種・発音を改善したい!とスクールに通い、その有効性に感動。同じ悩みを抱えた方々のお役に立ちたいと2013年より英語発音スクールCEPIO京都教室を開講。 (プロフィールはインタビュー当時のもの)

記事作成日:2018年4月2日
インタビュー/記事執筆者:高野美菜子

日野さんは、英語発音スクールCEPIO京都教室を開催されています。日野さんにお仕事を頼みたい方は下記からお問合わせ下さい。

日野さんにお仕事を頼みたい

読者から多くの反響がある「Independentに生きる働く女性のインタビュー”MyStory”」。あなたも、御社も、MyStoryにインタビューを掲載してみませんか?

インタビュー掲載を希望する


1 2

3

関連記事

  1. 「専業主婦から社長へ」−GRiP’S山川紀子社長の人の強みを見つけて伸ばすリーダーシップ。

  2. 世の中に風穴をあけ、「自分らしいキャリアの実現」を目指すーエスキャリアメンバー3人による本気座談会

  3. 「無駄な経験など何一つ無い」−オフィスブリエ木村元子さんが今、働く女性に伝えたいこと

  4. ぶれないのに柔軟、直感なのに戦略的−宇宙一プラス思考な女性の生き方に迫る。

  5. 週末起業家から独立へ−人生をひたむきに生きる青山雅子さんの新たな挑戦

  6. 「淡路島移住、海外視察」−Niesul神野沙樹社長のみんなが柔軟に働ける世の中を創り出す自由な生き方。

  1. 8月23日(金)、9月25日(水)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第51回・52回…

    2019.07.17

  2. 「女性の生き方」「妊活」「不妊」がテーマの、窪美澄さんの小説「…

    2019.07.04

  3. 7月16日(火)「ぷちでガチ!育休MBA講座」第50回 7月講座 セルフ…

    2019.06.21

  4. イライラして、怒って、自己嫌悪になって…そんな日々の中に幸せはある

    2019.06.10

  5. 女性の生き方は、100人100色 – 働く女性も、専業主婦もどちら…

    2019.05.28